« ご挨拶 | トップページ | 『バベル』(原題:BABEL)※ネタばれあり »

2007年4月30日 (月)

『サンシャイン 2057』(原題:SUNSHINE)※ネタばれあり

映画評、良くないみたいですね。

舞台は2057年。
太陽の活動が衰え、地球も人類滅亡の危機に瀕している。太陽に核爆弾を投下して生き返らせるミッションに望んだ8人のプロフェッショナルたち。
彼らが乗り込んだイカロス2号で体験する事とは?果たしてミッションを果たすことができるのだろうか?と言ったところでしょうか。

“本格的なSF”という先入観で映画に望むと…えっつ?という気分になるのかもしれません。
SFスリラー&ホラーなのです。『28日後…』に近いなあ。ピンバッカ-があの姿ですもんねえ。
あと、予告編で真田さんの存在感が強かったので、“日本人が頑張っている!”と期待して行くと…あららら~な気分になるのかもしれません。
予告編見た限りでは真田さんが主役なのに(ちゃうちゃう!)、ソッコー消えちゃうんですものね^^;

でも、私は結構ハマりました。
“地球を救う”使命を帯びているんですが、大仰ではなく、淡々としているんです。内に秘められた分、逆に“重さ”がヒシヒシと伝わってくるのです。
だから、事も無げに自己犠牲ができるのです。(←例外ありですが~^^;)
自分のやるべき事がわかっている、仕事に徹する姿勢がいいなあ。これぞプロだよ。
切ないんだなあ。

キャスト良かったんだけどなあ。
前からキリアン・マーフィーさんの演技、好きでした。
クリス・エヴァンスさんもローズ・バーンさんも、真田さんも他のクルーも、エピに個性が出ていてよかったんだけどなあ。

Sunshine2057

“イカロス”と聞いたらギリシア神話の“イカロスの翼”が頭に浮かびます。
まさにこの映画そのものなのです。

|

« ご挨拶 | トップページ | 『バベル』(原題:BABEL)※ネタばれあり »

CILLIAN MURPHY」カテゴリの記事

ネタばれ映画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397343/6254011

この記事へのトラックバック一覧です: 『サンシャイン 2057』(原題:SUNSHINE)※ネタばれあり:

» 映画「サンシャイン 2057」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Sunshine (2007) 地球温暖化、環境破壊・・・だけど、太陽が死滅したら!?・・そしたら地球が凍りつく!?・・太陽系は太陽で成り立っている、人類滅亡の危機は救えるのか・・・ 近未来2050年のイカロス1号に続いて、2057年イカロス2号の任務もまた同じ、それは太陽を再... [続きを読む]

受信: 2007年4月30日 (月) 11時07分

« ご挨拶 | トップページ | 『バベル』(原題:BABEL)※ネタばれあり »