« プレイバック『麦の穂を揺らす風』/『プルートで朝食を』 | トップページ | プレイバック『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』(原題:Brothers Of The Head) »

2007年5月 6日 (日)

『ドレスデン、運命の日』(原題:DRESDEN)

GWの後半に『クィーン』を観ようと思ったら完売状態で、同劇場で上映していた『ドレスデン、運命の日』にしたのです。
これが、まあ、意外に(ごめんなさい^^;)面白かったです。

第二次世界大戦末期のドイツで実際に起こったドレスデン大空襲の惨劇を描いています。
この時代、ドイツといえば一方的に加害者扱いでした。しかし、戦争とは関わり無い一般の人々が大勢犠牲になっていたのです。
そういったよく知られていない出来事にも目を向けて欲しい、そして、戦争という過ちを犯してはならない、といったメッセージが込められているのです。

映画は時の流れに絡ませ、人間模様を織り込んで展開していきます。
どちらかというとラブ・ロマンスがメインに描かれているので、暗くなりがちな戦争映画とはひと味違っています。
とはいえ、後半の空襲シーンは凄かったです。

ストーリーなど時代背景は公式サイトさんでご覧ください。

Dresden1
何不自由なく育ったお嬢さまが得体の知れない男に惹かれちゃうって展開はありがちかなあ。まあ、主人公の女性が親しみやすい顔立ちだったのがよかったなあ。う~んロバートはなあ…イギリスってよりドイツっぽいっす。あ、ハーフか(笑)

Dresden2
私なら、絶対、婚約者のアレクサンダーさんにいくです!

|

« プレイバック『麦の穂を揺らす風』/『プルートで朝食を』 | トップページ | プレイバック『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』(原題:Brothers Of The Head) »

ネタばれ映画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397343/6325129

この記事へのトラックバック一覧です: 『ドレスデン、運命の日』(原題:DRESDEN) :

« プレイバック『麦の穂を揺らす風』/『プルートで朝食を』 | トップページ | プレイバック『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』(原題:Brothers Of The Head) »