« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月26日 (火)

花が咲いたよ

去年の11月、引越し祝いに頂いた鉢植。
夜になると(ならなくても…)葉が閉じるのです。その形から、私はずっとネムノキだと思っていました。
春からどんどん芽吹いて、新しい枝から葉がつきました。そして、気がついたら蕾らしきものが出てきて、花が咲きました。
しかし…想像していた“ネムノキ”の花と違っていました。
このようにボンボンなのです。

Kc270002

ネムノキ科だとは思うのですが…。
太宰治の詩にこんなのがあったなあ~と思い出しました。

待ち待ちて ことし咲きけり 桃の花 白と聞きつつ 花は紅なり

うん、このボンボン花、これはこれで、とってもかわいいです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

病弱さが魅力って…

キリアン・スキーと全くそうでない知人と盛り上がった時の話。
全く興味なしの知人に言わせると“どこがいいのかわからない”そうである。
男の割りにガタイ良くないし、顔だってハンサムってわけじゃないし。
で、キリアン・スキーの知人曰く“あの顔にマッチョは似合わないっつ!病弱っぽいとこがいいのよ!”ってな反論に。や、それを言うなら“虚弱だろう”と心の中で叫ぶ私。ま、大差ないか^^;
繊細そうで、頑張るところでは芯が強いのよ。ビミョウなバランスがよいのだわ。
彼の演じ方に、一番の魅力を感じるんだなあ。目線や仕草、声のトーンね。結局好きには変わりないんです…(笑)

Cillianmurphy
↑これなんか、キレイだと思うのですが(*^。^*)
うん、あと、切ない表情がいいんですよん。

Breakfast_on_pluto_illust
↑『プルート~』のひとコマ。お姫様だっこ似合うんだわあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その男、バーコードにつき…

今やすっかり男くさくなっちまったアクレス君ですが、『ダーク・エンジェルⅡ』のアレック君時代はバリバリ美青年でありました。
青年から大人に移ろうビミョウな時期って、色気が出てきていいっすねえ。(今はジェイクたんがこの時期だわ。)
Acklesjensen_de2
↑アレック君、こんなイメージかなあ。
最初観たとき、ホント、キレイな顔だなあ~と思いました。襟足のバーコードがまたセクシーだったのです。
“ピアノ・レッスン”彼が主役の話だったけど、めちゃ切なかったな。うん、あの悪たれブリの裏にはこんな繊細さが隠れていたりするのよね。
しかし、スーツ姿はイマイチかも…やっぱ肩幅広すぎなんで(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『LATTER DAYS』

例の映画祭がもうそろそろやってきます。
去年初めて行って『LATTER DAYS』に出会いました。
これがもう最高に良かったのです。
26f
○○映画といっても、ハードでなく、胸キュンBLっぽい話。
主演のSteveクンの切な顔にやられましたなあ。
ちょうど一年前なのだけど、もう一回字幕付きで観たいっす。(当然US版仕入れてたりする~^^;)
Latterdays_illust
↑描くなよ、自分(笑) 『LATTER DAYS』の“Latter days”が観たいなあ。
今年の映画祭のラインナップ、ちょっと、食指が動かないなあ。
アジア系が頑張っているみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

キャパ君の日常~サンシャイン 2057~

まだまだ引っ張るなあ、自分。
映画の冒頭では食事シーンがあったなあ。
トレイが料理作っていて、メイスが文句たれてるの。
キャパ君の性格から、他人の作ったものは文句言わず何でも食べそう。ってか、こだわりなさそう。その証拠にお箸使ってたもん。
どうも当番制みたい?いざ、自分が作るとなると…どうなんだろ?

Sunshine2057_capa

キリアン君のほお杖ショット、結構好きっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

『ZODIAC - ゾディアック -』久々ジェイクたん♪

この表情…

Zodiac_jake2

雨の中、捨てられた子犬状態。
ダンボールの中で、ずぶ濡れになってクンクンしているみたいだああ!!
絶対確信犯っつ!!

で、○山ケンイチさんって口元がジェイクたんに似てるよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ZODIAC - ゾディアック -』

「俺は殺すのが好きだ」
全米史上初の劇場型連続殺人事件。奇妙な暗号で世界を挑発した犯人は、ゾディアック と名乗った
(映画パンフのイントロダクションより)

最初に事件が起きたのは1968年。犯行文がマスコミに配られるが、それは奇妙な暗号。
ゾディアックを追い、深みにハマり、人生を狂わせて行く男たち。謎解きより、関わった人間の身の振り方なのである。
キャスティング、ホント良かった。それで長丁場持ちこたえた感あるなあ。(2時間37分はちと長いよう。)

ジェイクたん、オタクしておりました。このポーズ、BBMっぽ~い!!

Zodiac_jake1

ロバート・ダウニー・Jrさん…どこまで演技?ってくらい崩れ具合がよかったっす!

Zodiac_robert_downeyjr

え~~っつ!!グリーン先生@ERっつ!ズラつけると別人だわああ。
そう、アンソニー・エドワーズさん、結構イケてました。

Zodiac_anthony_edwards

マーク・ラファロさん、70年代ファッション、すごく似合ってました。
で、ちょっと画像で遊んでみました(^^ゞ
題して『ひとりじゃんけん』

Zodiac__mark_ruffalo

おそまつm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

プレイバック『ダブリン上等!』

ようやく観ることができました。はい、もう、目当てはキリアン君です(笑)
でも、キリアン君ファンでなくったって、十分に楽しめます。
原題が『inter'mission』、という事で、登場人物の人生における“幕間”を描いています。
登場人物の繋がりが絶妙で面白いです。ラストの意外な展開もどこかしらユーモラス。
幕間は終了し、それぞれ、次のステージが始まるのですね。
作品解説はコチラで。
スペシャルはコチラで。
しかし、コリン・ファレルさん、もちっとこぎれいにすればいいのに。『S.W.A.T』はよかったんだけどなあ。
Intermission_cillian
キリアン君は、スーパーの店員さん。ピアスなんてしてるし、その辺にいる青年という役どころでした。かわいいっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

『300』ちょっとだけイラスト

300_oracle
オラクルです。このシーン、やっぱ、いいな。

300_astinos
はい、お気に入りのアクティノスくんでっす♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『300』観てきたよ♪

先日の試写会に続き、先行ロードショーと2回観ました。
アナログとデジタルの融合、上手い具合に生かされていました。
“戦い”をどう魅せるかにポイントがおかれていたのもミソ。斬って斬って斬りまくる。血飛沫は花火のよう。
ストーリーは単純明快。そう、マッスル版チャンバラ映画。
あれほど悲惨なラストなのに、観終わった後、感傷とか浸ることは無かったんだな。
かといって、面白くないわけではないし。

300_1
こういう戦術シーンは見応えあったです。

300lenaheadey
王妃さん、原作より膨らませてありました。

300michaelfassbender 300tomwisdom
一番のお気に入りは、ステリオス&アクティノスによる殺陣シーン。剣舞のようでした。

300gerardbutler
ジェリさん、吼えっぱなしでした。足長いっす。立ち姿はかっちょえかった。
でも…う~ん、レオニダス王に感情移入はできなかったなあ。

300rodrigosantoro
うえ~ん、クセルクセスはカマっぽかったよう。眉毛と口紅、最大なのが仕草^^;
声までロドリゴさんいじられるとは想定外(笑)

ちょっと思ったんですが…こういったVFXが主流になってくると、役者に求められるものも変わってくるんだろうなあ。その辺、ビミョウかも。

何が足りないかな、と思ったら、そっか、“切なさ”だったんだわ。私の切なさゾーンから外れたんだわ…。
戦う本能を呼び起こす映画。チャンバラ好きな男の人にはいいかも。

ジャパンプレミアはハズれましたが、試写会に、レッドカーペット観覧のチラシ配ってました。会場に山のよう積んでありました。中には入れないけど、ジェリさんを見るチャンスはあるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »