« ある愛の形(妄想が暴走を呼ぶ) | トップページ | 一人Steve君祭り »

2007年7月29日 (日)

第二回 藤沢宿 遊行の盆

遊行の盆』とは、昨年から“町おこし”として始まった神奈川県藤沢市の盆踊りのイベントです。
今年は7月27日~29日に行われ、28日夜の部に行って来ました。
会場の遊行寺(清浄光寺)は、鎌倉時代(1274年)に“踊り念仏”で有名な一遍上人(智真)を開祖とし、開宗された歴史あるお寺です。
ステージは、藤沢の新しい創作踊り(遊行ばやし他)から始まり、ゲストの西馬音内盆踊り(秋田県)と越中おわら(富山県)の方々が本場の踊りと演奏を披露してくださいました。

Yugyo_opening
日が落ちて夕闇に包まれていく中、本堂をバックにしたステージに篝火が灯され、幽玄な世界へと誘うのです。

Yugyo_yugyobayasi
藤沢の創作踊り・遊行ばやしです。
いろは坂と本道のふた手からメインステージに向かって踊る演出がよかったです。

Yugyo_nishimonai
かなりピンぼけしちゃったけど、西馬音内盆踊りです。雰囲気だけでも伝わるかな。
端縫いという女性の衣装が綺麗です。それとは対照的なのは彦三(彦左)頭巾。独特の黒い頭巾を被って面を隠してしまうので、どこか不気味さが漂います。
優美な踊りに賑やかなお囃子は、真夏の世の夢の如し。

Yugyo_owara
こちらもボケましたが、越中おわらです。
いろは坂からステージまで、哀調をおびた胡弓と三味線に合わせて流し歩きます。
踊り手さんの洗練された所作、美しいです。手の動きに、自然と目がいってしまいます。

人出が多くてビックリしました。蒸し暑かったのですが、踊りに夢中であっという間に時間が過ぎてしまいました。やはり生で観るのはいいです。いつか…三味線流してみたい…なんて無理だけど^^;

|

« ある愛の形(妄想が暴走を呼ぶ) | トップページ | 一人Steve君祭り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397343/7315504

この記事へのトラックバック一覧です: 第二回 藤沢宿 遊行の盆:

« ある愛の形(妄想が暴走を呼ぶ) | トップページ | 一人Steve君祭り »