« そっとお休み | トップページ | ある愛の形②(もはや妄想ではない?) »

2007年8月23日 (木)

『トランシルヴァニア』(原題:Transylvania)

突然、姿を消した恋人を見つけるために、ジンガリナは親友マリーとともに彼の故郷トランシルヴァニアへと旅立つ。異教の祭礼で恋人と再会を果たすが、彼にはもはや愛情のかけらさえ残っていなかった。ジンガリナは妊娠していたことも告げられず、絶望の淵に立たされる。狂気、喧嘩、音楽、そして、祭りへの陶酔の中で愛を失い、この世で唯一人という孤独感を味わう。どん底を味わい、再び、旅に出たジンガリナは謎めいた男チャンガロと出会い生まれ変わる…。
以上、公式サイトよりストーリー引用です。

Transylvania_logo

なんと言うか、不思議な映画。
自分とはかけ離れたどこか遠い世界の出来事。登場人物もキョーレツな個性。
こんな人生もあるのかなあ。
無茶苦茶だけど妙に心地良い世界。
旅路の果てに2人はかけがいのないものを見つけたのです。
自分を必要としている人に巡り合う仕合せっていいなあ。
あと、音楽、これ耳に残ります。

ジンガリナのアーシア・アルジェントさん、なんつーか怖すぎです。三白眼で睨んでます。
それがラストは聖母マリアのよう。穏やかないい笑顔でした。

チャンガロのビロル・ユーネルさん、疲れた中年、ぴったし!
『愛より強く』では超ネガ男だったけど、今回は女のために(振り回されつつ)一生懸命に頑張る役どころ。
そう、一生懸命っていいよね。風貌とミスマッチ、そういう姿がいじらしいです。
そして、頑張った分、ちゃんと報われる。
心地良く感じたのは、そういう所かもしれません。
玉ねぎの調理方法に爆!

070712_transylvania_sub1
この紋所が目に入らぬか!!なワケないです(笑)

|

« そっとお休み | トップページ | ある愛の形②(もはや妄想ではない?) »

ネタばれ映画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
今回のビロル・ユーネルもよかったですよね。
男の料理シーンも印象的。

投稿: かえる | 2007年8月24日 (金) 00時56分

>かえる様

ご来訪ありがとうございます。
今回のビロルさん、なかなかかわいかったです。
こんな旅だったらしてみたい…かも。クマでますけど…^^;

観ている間中、ジンガリナが着ていた民族衣装(ですよね?)気になりました。欲しいかも。

投稿: 潮風 | 2007年8月24日 (金) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397343/7650345

この記事へのトラックバック一覧です: 『トランシルヴァニア』(原題:Transylvania):

» 『トランシルヴァニア』 Transylvania [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
自らのルーツであるロマとジプシー・ミュージックを追い続けるトニー・ガトリフ! ブログのURLに"Latcho Drom"を拝借している私が心待ちにしていた作品! いなくなった恋人ミランを探しに、ジンガリナは友人のマリーと共に彼の故郷トランシルヴァニアへやって来た。今回の流浪の旅の舞台はトランシルヴァニア。そう、私が2年前に旅したルーマニアの地!今年のGWにはラ・フォル・ジュルネにて、タラフ・ドゥ・ハイドゥークスの演奏に熱狂したこともまだ鮮明に甦るし。今年のカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞... [続きを読む]

受信: 2007年8月24日 (金) 00時52分

» *トランシルヴァニア* [Cartouche]
{{{   ***STORY***              2006年  フランス 姿を消したロマの恋人ミランを探しに、ジンガリナは友人のマリーとミランの故郷、ルーマニアのトランシルヴァニアへやってくる。言葉も通じない地で、ジンガリナはようやくミランを探し出すが、彼はもう彼女を愛していなかった。すでにミランの子を身ごもっていたジンガリナは深い絶望に落ち、マリーと別れて異国をさまよう。そんな彼女を拾ったのは、旅を続けながら商売をしている風変わりな中年男、チャンガロだった            ..... [続きを読む]

受信: 2007年9月 6日 (木) 11時53分

« そっとお休み | トップページ | ある愛の形②(もはや妄想ではない?) »