« 『スターダスト』の注目株ベン・バーンズ君! | トップページ | 世界一受けたい授業 ~サンシャイン 2057~ »

2007年10月21日 (日)

『パンズ・ラビリンス』(原題:EL LABERINTO DEL FAUNO)

Pans_labyrinth_
舞台は1944年のスペイン。主人公は内戦で父を亡くした少女オフェリア。
母は独裁主義の大尉と再婚するが、オフェリアは過酷な現実から逃れたいと願うばかり、自分の中に新しい世界を創り出す。
屋敷の近くに不思議な迷宮を見つけ出し足を踏み入れると、迷宮の守護神である牧羊神パンが現われ、彼女に迷宮の王国へ向かうための3つの試練を与える。

現実は時として残酷。空想に逃げていては前には進めないのです。
辛い現実から架空の世界に逃避していた少女が、現実を受け入れたその刹那、迷宮の扉は開かれるのです。
ダーク・ファンタジーと言われてますが、ほんと、思いっきり容赦ないくらいダーク!“ファンタジー”ぬいてもいいくらい。
観終わって、やるせなさが残ります。
決して楽しい作品ではないけれど、ファンタジーとは別の人間ドラマが存在しています。
この異様とも言える独特な世界観、私は気に入りました。決して日本じゃ醸し出せないですね。妙に後を引きます。久々、もう一回観たいと思った作品です。好みの差が出ますよね。
しかし、義理の父、怖すぎ~~!!

そう言えば『サルバドールの朝』もフランコ政権が舞台でした。『パンズ・ラビリンス』がフランコ政権始まり、『サルバドールの朝』が末期です。
自由が許されない恐怖政治は36年続いたのですね。それは暗くなるはずです。

|

« 『スターダスト』の注目株ベン・バーンズ君! | トップページ | 世界一受けたい授業 ~サンシャイン 2057~ »

ネタばれ映画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397343/8532616

この記事へのトラックバック一覧です: 『パンズ・ラビリンス』(原題:EL LABERINTO DEL FAUNO):

» 映画「パンズ・ラビリンス」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Pan's Labyrinth この映画でのPG-12の意味は、成人保護者同伴で小学生を映画館に連れて行って、是非観せてあげてくださいという意味に違いない・・教育指導的お伽噺・・ オフェリア(イバナ・バケロ)は、身重の母カルメン(アリアドナ・ヒル)に連れられ... [続きを読む]

受信: 2007年11月 1日 (木) 02時24分

» ★「パンズ・ラビリンス」 [ひらりん的映画ブログ]
今週の週末レイトショウは、オスカー3部門受賞の話題作。 といっても、撮影賞・美術賞・メイクアップ賞ですが。 ともかく、予告編見る限りは、ダーークなファンタジーな感じがプンプン。... [続きを読む]

受信: 2007年11月 4日 (日) 03時30分

« 『スターダスト』の注目株ベン・バーンズ君! | トップページ | 世界一受けたい授業 ~サンシャイン 2057~ »