« 『幸せのレシピ』(原題:NO RESERVATIONS) | トップページ | 超人気の超自然兄 »

2007年10月 8日 (月)

『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』(原題:La Môme)

Piaf
エディット・ピアフについては、「愛の讃歌」「バラ色の人生」を唄った世界的な歌手くらい程度の知識でした。
この映画を観て、その劇的で壮絶な人生に驚かされました。
どんなに打ちのめされても歌い続けた彼女。彼女にとっての歌は愛であり人生そのもの。そして、祈りであり、救いであったのだと思う。
だからピアフの歌って人の魂を揺さぶるんですね。

Piaf2
最初の印象、この顔つきです。おどおどして、怯えたようなギョロっとした目。しかも姿勢悪いんですよ。
それが、唄いだすと変わるんですね。
主演のマリオン・コティヤールさん、見事に演じきっておりました。
特に晩年のピアフは鬼気迫るものがありました。

Piaf1
ピアフとモモーヌ。数少ない青春シーンですね。
二人が生き生きしてとても好きです。

正直、ピアフ自身に共感も覚えなかったし、シンクロもしなかったです。
でも、泣きました。気がつくと勝手に涙してるんです。
感情が高ぶって泣くのとは違います。なんなんでしょうね。
もしかしたら、自分の意思が届かないDNA的な部分なのかもしれません。

勝手ながら私、“人生±0”だと思っております。
人生を収支決算したらプラス・マイナス・ゼロ。良い事と悪い事は同じくらい起こる。良い事が大きければ、悪い事もそれに見合うくらいの大きさ。まるで振り子の振幅のようなもの。
だから、「水に流して」の歌詞はドキリとしました。
確かに、悲惨な人生だったけど、愛に生きたピアフは仕合せだったと思うのです。
人を愛するって、自分も含めて愛せるって事なんだと思うんです。それって簡単なようで難しい。
一生懸命愛して生きたから“悔いはない”って言い切れるんだろうな。それってちょっと羨ましい。

|

« 『幸せのレシピ』(原題:NO RESERVATIONS) | トップページ | 超人気の超自然兄 »

ネタばれ映画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397343/8299327

この記事へのトラックバック一覧です: 『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』(原題:La Môme) :

» エディット・ピアフ/愛の讃歌 2007/10/08~10/14 [最新キーワードの情報収集・動画ブログ 第二倉庫 ドラマ・映画・TVとラジオ番組]
エディット・ピアフ/愛の讃歌についての最近の情報です。 [続きを読む]

受信: 2007年10月15日 (月) 09時24分

» 映画「エディット・ピアフ 愛の讃歌」(2007年、仏・チェコ・英) [富久亭日乗]
 ★★★★☆  フランスの歌手、エディット・ピアフの伝記映画。 原題「LA VIE EN ROSE」は、ピアフの持ち歌「バラ色の人生」の意。  家庭に恵まれず極貧の人生を送った幼少のころから、 歌に目覚め、成功を収めるまでの物語と、 病に侵された晩年(晩年といっても40歳代後半だ)が 交互に描かれる。  特筆すべきはピアフを演じたマリオン・コティヤール。 青春時代から晩年までを演じているが、 歌に取付かれたように鬼気迫る晩年のピアフの 演技はすさまじかった。  これが「プロヴァンスの贈り物」(20... [続きを読む]

受信: 2007年10月19日 (金) 08時08分

« 『幸せのレシピ』(原題:NO RESERVATIONS) | トップページ | 超人気の超自然兄 »