« 『やわらかい手』(原題:Irina Palm) | トップページ | 『ムンク展』+『叫び~サンシャイン2057~』 »

2008年1月 6日 (日)

『茶々 天涯の貴妃(おんな)』

豊臣秀吉の側室・茶々を中心に繰り広げられる戦国絵巻です。

Chacha_3
時代に翻弄されながらも、愛する者のため、一途に生きる女たちの姿に心を打たれます。
この時代、男子を生むことが女の努めでした。であれば、女の戦とは血を残すこと。
豊臣家は滅んだけれど、徳川家に嫁いだ妹・小督により、浅井家の血が天下人として後世に受け継がれる。
その点で、茶々は家康に勝利したのです。
運命に甘んじ、散っていくのではない、したたかさも持ち合わせているのです。しかし姉妹にとって哀しい戦です。
そういった儚さ、切なさが描かれ、映画としては(史実を踏まえた歴史ドラマでなく、あくまで人間ドラマとして)いい出来だと思いました。

ただ、ただ、ファンには申し訳ないけど、茶々の和央ようかさんは…。元宝塚男役で絶大な人気を誇ったトップスターなのは認めますが、立ち振る舞い、台詞まわし、小督・寺島しのぶさん、はつ・富田靖子さん、お市の方・原田美枝子さん、北政所・余貴美子さん、大蔵御局・高島礼子さん…この中に入ったら…^^;
和央さんを起用するなら別の企画があったはず…例えば木曽義仲の側室・巴御前とか男装の麗人・川島芳子とか。

男優陣はみな良かったです。
豊臣秀吉・渡部篤郎さん、徳川家康・中村獅童さん、狐と狸の探り合い的シーンはさすがです。
特に渡部篤郎さん、コンプレックス抱えた秀吉、ハマってました。
若手の豊臣秀頼・中林大樹さん、後藤基次・平岳大さん、真田幸村・黄川田将也さんはイケメントリオ。違ったイミで楽しませていただきました~(#^.^#)

|

« 『やわらかい手』(原題:Irina Palm) | トップページ | 『ムンク展』+『叫び~サンシャイン2057~』 »

ネタばれ映画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

初めまして、コメント読ませて頂きました。
和央ようかさんの演技に関しては同感です。巷では、凛とした演技で大方好評のようですが、まだまだ味がありませんね。それでも、大変魅力的な女優さんに感じます。芸達者に囲まれての今回の経験は、今後に生かされると思います。けれん味の無いストレートな演技は、逆にそういった期待も抱かせてくれました。

トラックバックさせて頂きたく思います。

投稿: 諸葛亮 | 2008年1月 8日 (火) 11時59分

>諸葛亮様

拙ブログへのコメント、ありがとうございます。
和央ようかさんをイキナリ主役に持ってきた経緯は知る由もありませんが、脇を固める役者さんとのキャリアの差は歴然としていたと感じます。
あの眼力を活かしてSFサイキックものなぞよいかもしれません。
今後のご活躍に期待したいですね。

投稿: 潮風 | 2008年1月 8日 (火) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397343/9740598

この記事へのトラックバック一覧です: 『茶々 天涯の貴妃(おんな)』:

» 「茶々 天涯の貴妃」 [帚木日記]
今年初めての映画館、スキー映画「銀色のシーズン」を観る予定が、来週公開との事で「 [続きを読む]

受信: 2008年1月 8日 (火) 12時00分

« 『やわらかい手』(原題:Irina Palm) | トップページ | 『ムンク展』+『叫び~サンシャイン2057~』 »