« キリアン君で『Peacock』 | トップページ | 『ノーカントリー』(原題:No Country for Old Men) »

2008年2月27日 (水)

『君のためなら千回でも』(原題:The Kite Runner)

原題(原作)は『カイトランナー(凧追い)』なのですが、この映画の舞台・アフガニスタンの文化や風習に精通しているとはいい難い日本ではこの邦題で大正解です。
それほど邦題のフレーズは心に染み入るのです。

Kite_runner_1 原作の“カイトランナー”ですが、アフガニスタンでは凧揚げが盛んで、年に一度「凧合戦」が催されていました。
凧合戦とは、凧糸にガラス粉をコーティングして、相手の凧糸を切って凧を落とすのです。最後に勝ち残った者が優勝者です。
落ちた凧を戦利品として奪い合うのがカイトランナーです。特に最後に落とされた凧は価値があり、この凧を手に入れたカイトランナーほど優秀とされていました。
映画を観終わった後では、“カイトランナー”に込められた作者の想いは通じますが、観る前に惹きつけるには邦題かな、やっぱり。

主人公は少年の頃から作家になる夢を抱いていたアミール。
ソ連のアフガニスタン侵攻によってアメリカへ亡命し、ようやく念願の作家デビューを飾るという時に恩人から電話が入ります。
それは遠い昔に犯してしまった過ちを呼び覚ますには十分過ぎました。忘れていたのではなく、ずっと心に棘がささったまま疼いていたのです。
アミールの胸に平和だったアフガニスタンでの少年時代の記憶がよみがえります。

君のためなら千回でも!

ハッサンはそう言って凧合戦の日、アミールが最後に落とした凧を追いかけて行きました。彼ほど優秀なカイトランナーはいませんでした。
少年時代のアミールとハッサンは兄弟のように育ちました。
主人の息子と使用人の息子、パシュトゥーン人とハザラ人。
2人の間には身分という壁がありましたが、ありったけの忠誠心と友情をハッサンはアミールに示してくれたのです。
Kite_runner_3

恩人と会ったアミールは、そこで衝撃的な事実を聞かされます。
20年の歳月を経た今、アミールはあの時のハッサンの気持ちに応えるべくある決意をするのです。
Kite_runner_2

文句なし!原作の感動を壊さず、脚本、演出、そしてキャスト(特に子役すごい!)どれも良かったです。
映画の中盤で早くも涙、ラストはもう大変でした。
過去と現在の伏線の張り方、台詞が絶妙です。プロット練られてるなあ。上手いっつ!!

「凧合戦」のシーン、見応えありました。
青空に舞う凧。空を切って旋回、下降から一気に上昇、カメラワークが素晴らしいです。凧の気持ちになれます。
映画ではタリバン政権下のアフガニスタンも描かれているのですが(実際は中国ロケ?)、当時ニュースで流れていたのは“こういうことだったのだ!”と身につまされました。

Kite_runner_4【おまけ】
ソーラブ君、かわいかったよー。
リバプールのスティーヴン・ジェラード君みたいです。

|

« キリアン君で『Peacock』 | トップページ | 『ノーカントリー』(原題:No Country for Old Men) »

ネタばれ映画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

観て来ました!
本当に胸に迫る映画でした。
最初の 子供時代の回想に入った場面でもう、あぁ この国にも こんなに活気に満ちて、人々のそれぞれの暮らしが息づいていたときがあったのに・・と 胸がつまってしまいました。
(対立や差別や貧富の差はあったにせよ)
あとはもう、涙があふれて仕方なかったですweep
少年時代のアミールの ある種の劣等感や それゆえの行動、うしろめたさと後悔、そしてハッサンのまっすぐな友情、どれも切なさがひしひしと伝わってきて。

凧のシーンだけは本当に、こちらも一緒に突き抜けたような気持ちになれました。

帰りに、原作読みたくなって本屋に寄ったら、下巻だけしかなかったー、残念sad
原作を読むと もっとそれぞれの心情の深い部分までが感じられるのだろうと想像します。
今度きっと読んでみますね!

投稿: hagi | 2008年4月 1日 (火) 00時44分

>hagi様

こんにちは!
そうなんですよ~。本当に胸につまる作品ですよね。私も中盤で涙して、ラストは大変でしたからcrying
少年時代のアミールのコンプレックス。ハッサンの邪気のない笑顔。
この対比があったからこそ、成長し真実を知ったアミールの贖罪ともいえる巡礼の旅に、観る側もインスパイアーされ感情が湧き出てきちゃうんでしょうね。

原作、機会がございましたら是非お読みになってくださいませ!
映画では描ききれなかった人物の心情やエピもありますので、おススメです。もうね、ソーラブ君がね…weep
ちなみに私は図書館から借りて読みました。(なので旧タイトルの『カイトランナー』です。)

投稿: 潮風 | 2008年4月 1日 (火) 20時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397343/10727103

この記事へのトラックバック一覧です: 『君のためなら千回でも』(原題:The Kite Runner):

» 映画「君のためなら千回でも」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:The Kite Runner なるほど最後まで見たときに、これは満足度1位でもいいのかな・・原作は全世界で800万部以上の小説、ドキュメンタリー的過去の過ちを悔い改める映画・・ 小説家となったアミール(ハリド・アブダラ)のもとに一通の手紙が届く、時は遡り、1970年代の... [続きを読む]

受信: 2008年2月27日 (水) 17時54分

» 君のためなら千回でも [to Heart]
この誓いは今、君に届くだろうか― 『チョコレート』『主人公は僕だった』のマーク・フォースター監督が、兄弟のように育った少年2人の心の傷と許しを描くヒューマンドラマ。 原作 カーレド・ホッセイニ 『君のためなら千回でも』(旧題『カイト・ランナー』) 監督 マーク・フォースター 脚本 デヴィッド・ベニオフ 出演 ハリド・アブダラ /ホマユン・エルシャディ/ゼキリア・エブラヒミ/アフマド・ハーン・マフムードザダ {/book_mov/}アミール(ハリド・アブダラ)は兄弟のように育った使用人の息子ハッ... [続きを読む]

受信: 2008年2月29日 (金) 21時20分

» 【2008-46】君のためなら千回でも(The Kite Runner) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? この誓いは今、君に届くだろうか [続きを読む]

受信: 2008年3月 6日 (木) 23時38分

» 『君のためなら千回でも』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「君のためなら千回でも」□監督 マーク・フォースター □原作 カーレド・ホッセイニ □脚本 デヴィッド・ベニオフ □キャスト ハリド・アブダラ、ゼキリア・イブラヒミ、アーマド・カーン・マーミジャダ、ホマユーン・エルシャディ、ショーン・トーブ、アリ・ダネシュ・バクティアリ、アトッサ・レオーニ■鑑賞日 2月27日(水)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 人の運命は当人たちの思いも寄らぬところで大きな壁になり、全てを失った... [続きを読む]

受信: 2008年3月 7日 (金) 12時28分

» 君のためなら千回でも [サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画]
[[attached(1,center)]] アミール(ハリド・アブダラ)は、兄弟のように育った使用人の息子ハッサン(アーマド・カーン・マーミジャダ)との間にできた溝を埋められぬまま、ソ連侵攻の折にアメリカに亡命した。 そのまま時は過ぎ、作家となったアミールのもとに、パキスタンにいる知人から1本の電話が入る・・。 {{{: 『君のためなら千回でも』  2007  The Kite Runner 監督: マーク・フォースター 製作: ウィリアム・ホーバーグ/ウォ..... [続きを読む]

受信: 2008年3月 9日 (日) 18時01分

» 【劇場映画】 君のためなら千回でも [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 1970年代のアフガニスタン。裕福な家の一人息子アミールは、召使いの息子ハッサンと凧遊びをしたり、兄弟のように仲よく暮らしていた。だがある日、小さな二人の絆は思いがけない出来事によって砕け散ってしまう。やがてソ連がアフガニスタンに侵攻。2人の関係は修復されることなく、アミールと父親は米国に亡命する。時は流れ、00年のサンフランシスコ。小説家となったアミールの元に、父親の親友から「君は今すぐ故郷に帰って来るべきだ」と電話が入る…。(goo映画より) R指定がついてないだけあって... [続きを読む]

受信: 2008年3月15日 (土) 19時45分

» アメリカ映画「君のためなら千回でも」を観た! [とんとん・にっき]
「君のためなら千回でも」という映画を観ました。何度か予告編を観ていたことと、アフガニスタンが描かれているというので、興味が湧いたというわけです。がしかし、う~ん、見終わってみるとやっぱり、かなりご都合主義でなおかつハッピーエンドの「アメリカ映画」でし... [続きを読む]

受信: 2008年3月25日 (火) 17時45分

« キリアン君で『Peacock』 | トップページ | 『ノーカントリー』(原題:No Country for Old Men) »