« 『ノーカントリー』(原題:No Country for Old Men) | トップページ | これからのプチ☆ラインナップ »

2008年3月 2日 (日)

『君のためなら千回でも』(原題:The Kite Runner)#2

『君のためなら千回でも』の原作『カイト・ランナー』(※現在は改題タイトル『君のためなら千回でも』で出版されています)を読み終わって再感動しております。なので、もう一回記事にします。
今回は核心触れまくりのネタバレとなります。
寄ってネタバレNGの方はこの先はご覧にならない方がよろしいかと存じます。
という事でよろしくお願いいたします。

映画は原作に忠実でした。
但し、映画という限られた時間内で原作エピがカットされていたのはいうまでもありません。そのための辻褄合わせか?設定がいくつか変えられていました。
それは仕方ない(というより当たり前)で、その点については400ページ以上の原作を上手く2時間に納めたと思います。
なので、原作を読んだ後、新めて映画のワンシーンや何気ない会話のやり取りにはもっと深い部分があったんだと気がつきました。
登場人物についても同様で、ひとりひとりのエピと言動が結びつきました。(アセフの思考回路もわかりました。)

原作の描写には感情のツボおされまくりでした。特にソーラブ君!
映画にはないんですが、原作にはアメリカに渡る前にすったもんだがあって-あの寺院の会話「僕は汚れているから」から後のエピ-これが痛々しいくらい切ないんです。
「疲れたんだ」なんて、あんな子供がああ~~~crying
アミール・ジャン、またやっちまったなー!って感じ。
Kite_runner

Kiterunner映画でなんと言っても衝撃を受けたのが、ハッサンの○○シーンです。
問題のシーンについて、ハッサン役のアフマド・ハーン・マフムードザダ君(フルネーム長っつ)のAP通信インタビューによれば、本人も家族も大反対で渋々だったそうです。(学校でいじめられるんじゃないか等等家族は心配したとのこと。)
というワケで原作より大幅カットし、しかもパンツはいて撮影したそうだ。
←映画の時より大きゅうなっとる!

|

« 『ノーカントリー』(原題:No Country for Old Men) | トップページ | これからのプチ☆ラインナップ »

ネタばれ映画鑑賞」カテゴリの記事

私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397343/10878906

この記事へのトラックバック一覧です: 『君のためなら千回でも』(原題:The Kite Runner)#2:

» 映画「君のためなら千回でも」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:The Kite Runner なるほど最後まで見たときに、これは満足度1位でもいいのかな・・原作は全世界で800万部以上の小説、ドキュメンタリー的過去の過ちを悔い改める映画・・ 小説家となったアミール(ハリド・アブダラ)のもとに一通の手紙が届く、時は遡り、1970年代の... [続きを読む]

受信: 2008年3月 3日 (月) 00時46分

» 【2008-46】君のためなら千回でも(The Kite Runner) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? この誓いは今、君に届くだろうか [続きを読む]

受信: 2008年3月 6日 (木) 23時45分

» 「君のためなら千回でも」懐かしくないのに心を揺らす風景がある [soramove]
「君のためなら千回でも」★★★★オススメ マーク・フォスター監督、アメリカ、2007年、168分 アフガニスタンの混乱振りを 相変わらずTVで見ていると この映画の主人公が少年だった頃の 美しい街が夢のようだ。 凧合戦の凧を少年たちが追っていくと カ...... [続きを読む]

受信: 2008年3月11日 (火) 07時38分

» 【劇場映画】 君のためなら千回でも [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 1970年代のアフガニスタン。裕福な家の一人息子アミールは、召使いの息子ハッサンと凧遊びをしたり、兄弟のように仲よく暮らしていた。だがある日、小さな二人の絆は思いがけない出来事によって砕け散ってしまう。やがてソ連がアフガニスタンに侵攻。2人の関係は修復されることなく、アミールと父親は米国に亡命する。時は流れ、00年のサンフランシスコ。小説家となったアミールの元に、父親の親友から「君は今すぐ故郷に帰って来るべきだ」と電話が入る…。(goo映画より) R指定がついてないだけあって... [続きを読む]

受信: 2008年3月15日 (土) 19時50分

» アメリカ映画「君のためなら千回でも」を観た! [とんとん・にっき]
「君のためなら千回でも」という映画を観ました。何度か予告編を観ていたことと、アフガニスタンが描かれているというので、興味が湧いたというわけです。がしかし、う~ん、見終わってみるとやっぱり、かなりご都合主義でなおかつハッピーエンドの「アメリカ映画」でし... [続きを読む]

受信: 2008年3月25日 (火) 17時50分

« 『ノーカントリー』(原題:No Country for Old Men) | トップページ | これからのプチ☆ラインナップ »