« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月30日 (金)

求む『Revolution』情報②

つい先日、『Revolution』新キャストにピーター・フォンダ氏が追加されました。

http://www.scifi.com/scifiwire/index.php?category=0&id=53811

ネーム・バリューある御仁じゃないですか!
ってことは、製作サイドも結構、力入っているという事ですよね。
でも、一体、オンエアいつなのさー!

Steveクンがどんなイメージになるのか、情報なさすぎて妄想も沸かないです。
とりあえず、父親トム・ハート@ビリー・キャンベルさんとのツーショットを合成(montage
)してみました。
Revolution_bill_steve_1
ビリーさんの元画像はお馴染み『4400』より。
ビリーさんの画像探しで判明したのですが、G役もやってるんですね~^^

Steveクンに関しては、ゲスト出演した『Nip/Tuck』Season 3, Episode 8のDVDレンタルリリースを待つ今日この頃なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

GSG-9でアクション・キッチン

Konnyたんとフランク君がナゼか手錠や目隠しで料理をする番組です。

二人、手を取り合っての作業はなかなかに目の保養ですhappy01
この組み合わせは私好みですnotes(デミアはゲープよね…punch

Konny_rough_illust_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『White Male Heart』キリアン君×エディ君

Varietyの記事によると、 ピータ・マッキー・バーンズ監督の新作サイコスラー『White Male Heart』に、キリアン君とエディ・レッドメイン君の共演が決まった、とあります。

長年の親友(ヒューとアーロン)は狩りや酒を飲んで楽しむ仲。そこに現れた美しい女性。
ヒューは彼女に惹かれていくが、その一方アーロンは…ってなストーリーらしいです。

最初は二人の共演に、なっつ、なんてオイシイんだ~~~っつupって思いましたが…
原作は知らないけど、ちょっ、これって、アブナイ雰囲気ですよね。タイトル直訳するとかなりヤバイ!
キリアン君とエディ君、どちらがどの役を演じるかは決まっていないそうです。
映画は2008年の夏の終わりごろキックオフ予定だそうです。

なわけで、キリアン君とエディ君のツーショット無理くり作ってみましたのさ。
Cillian_eddie
エディ君『美しすぎる母』は絶対観にいかなくてわ!
クセモノ対決だあ~happy02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』(原題:The Chronicles of Narnia: Prince Caspian)

Narnia2_1 前作『第1章:ライオンと魔女』から1年後。
現実に戻ったペベンシー4兄妹は、カスピアン王子の角笛の音に導かれ再びナルニア国へと舞い戻ってきた。
しかし、この国の時間ではすでに1300年が経過しており、平和で美しい魔法の国は暴君ミラースに支配されていた。
ペベンシー4兄妹は、暴君ミラースからナルニア国を奪還するために、正当な王位継承者であるカスピアン王子とともに、再び冒険を繰り広げる、というお話。

監督は第1章と同じアンドリュー・アダムソンさん。
第1章が原作に忠実だったのに対し、第2章は原作を大胆にアレンジ、結果、エンタテイメント作品に仕上がってました。
PRで使われるフレーズ、魔法対人間、どおりの展開になってました。
とはいえ、子供の頃から原作ファンという監督の思いは、映像のところどころから伝わってきます。
そして、今回も魅力的なサブキャラが登場します。(意外なところにタムナスさん!)

ペベンシー4兄妹は前作より大きくなりましたねー。
Narnia2_4
今回はエドマンド@スキャンダー・ケインズ君の成長ぶりが際立っていました。
今後の活躍に要チェックです!
次作『第3章:朝びらき丸 東の海へ』は是非来日して下さい!

ベン君に関しては、頑張ったなあ~confidentという感じです。
いくら演劇経験があるからといっても、イキナリの超大作主役抜擢はプレッシャーも大きかったでしょう。
そういう意味でカスピアンの戸惑い、必死さはベン君自身、等身大で演じられたのではないでしょうか。
第3章でのカスピアン、ベン君、共に成長した姿が見られる事を楽しみにしたいと思います。
Narnia2_2
どこか踏み切れない(中途半端な)カスピアンの振る舞いも青さゆえ。

あのぅ…カスピアンの衣装デザインsign02と思ったの、アタシだけかなあ。
原作のカスピアン(13歳)ならともかく…coldsweats01
Narnia2_3
crown(絵文字の)まんまだー(笑)

プレミア試写会も終わって、ようやくひと段落ついたなあ~と思っていたら…
なに?ベン君、オスカー・ワイルド『ドリアン・グレイの肖像』映画化決定ですってーー!!
http://www.comingsoon.net/news/movienews.php?id=45194
http://www.imdb.com/title/tt1235124/
という事で次回はこのネタで行きま~~~す。
金髪にするのかなあ?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

Narnia Japan Premiere News

○premiere videos of May 20,2008

http://hochi.yomiuri.co.jp/contents/stream/entertainment/20080521_003.asx

http://broadband.biglobe.ne.jp/index_program.html?prog=entertain&movieid=884057&bgf=C110_PG_MV&bgt=pp5500

please enter your sex,generation,area,e-mail when you use first time.

○the first movie greetings videos of May 21,2008

http://broadband.biglobe.ne.jp/index_program.html?prog=entertain&movieid=884211&bgf=C110_PG_MV&bgt=pp5500

○the first movie greetings images of May 21,2008
○premiere images of May 20,2008

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/photogallery/narnia/

please be careful for validity of the urls.
Ben left Japan for an Asian premiere tour.

情報提供してくださったお方にkissmarknote

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

GSG-9 対テロ特殊部隊~戦う男は美しい~

前にも触れたんですが、GSG-9@Konnyたん!
Konny
あっ、もう、heart01撃たれちゃいました状態です。

思い起こせば…友人が去年の夏、URLを紹介してくれてたんです。
(友人はTVオンエアの頃にハマっていたのでした。)

http://www.wowow.co.jp/drama/gsg9/index.html
http://www.abovetheline.de/klient.php?kliNa=pietschmann&kliKat=schauspieler

だって、ウチ、ケーブル加入してないんだもの。
DVDレンタル待つしかないんですもの。
そしてハマった…

GSG-9とは、ドイツ連邦警察の連邦警察局に所属する対テロ特殊部隊の事です。
5名を最小作戦部隊とし、30名で1チームの編成を組み作戦に従事します。
ドラマは最小作戦部隊“チーム50”の5人の活躍を描いています。
といっても、組織の対人関係、プライベートな問題も絡んで、人間ドラマとしても見ごたえあります。

“チーム50”のメンバーです。
左からフランク(№5 新人)、デミア(№3 トルコ系ドイツ人・Konnyたんとはライバル関係)、ゲープ(№1 頼れるリーダー)、Konnyたん(№2 サブリーダーに昇格・貴族の家系)、カスパー(№4 いつも冷静)。
Gsg94

ええいっつ、立ち姿も載せちゃう♪
Gsg95

指揮官のアンホフとエンジニアのぺトラ。
Gsg96
この2人もドラマで人間味が出ていて、いいです。

この後もKonnyたん中心にGSG-9ネタを展開していく予定です。
イラスト描くぞ~っつ!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

Ben Burns arrived at Japan on May 18, 2008/add a postscript

本日、午後のairplaneで成田に到着しました。
画像は下記URLでどうぞ。
http://www.wireimage.com/ItemListings.aspx?igi=317922&nbc1=1
20日レッドカーペットとプレミア試写会、21日舞台挨拶、いよいよです。
その他にもきっと色々なイベントこなされるんでしょうね。
私は20日プレミア試写会には行きます。楽しみだあ!!
レッドカーペットに行かれる方はベン君のサイン貰えるチャンスかも。

あっ、そうだ、サインといえば…
ベン君のサイン入りポスタープレゼントがありました。
詳細は下記URLでどうぞ。
http://cinesc.cplaza.ne.jp/db/review/mo5632/
ITギョウカイのくせに…やるじゃん、N社さん。
↓このポスターにサインなのかな?

Narnia_princecaspian

このところ海外からのアクセス数が増えました。
ほとんどUSの方で、映画公開がきっかけと思われます。イメージ検索で来られるみたいなのですが…。
なんでタイトルだけでも英語にしてみました。ホント、タイトルだけねsweat02
映画の力ってすごいなあ。

~ここから5/19追記分です~

Bb_narita20080518 ベン君到着時、こんな事があったんですね。
http://cinematoday.jp/page/N0013858
熱心なファンさんがおられるんですねcoldsweats01

もしかして、ベン君、ジャケットの下に着てるシャツは前に来日した時と同じっすかcoldsweats02

そして、そして、USA Weekend Box-Officeで角笛が初登場1位ですsign03
おめでとーーーscissors

| | コメント (7) | トラックバック (0)

『The Edge of Love』TR

先日、ようつべにアップされてましたね。
http://www.youtube.com/watch?v=R0a0m2EP4ng
キリアン君、切なそうです。
細やかな演技は動画でなくっちゃわからないですよね。
あの声(抑揚)はやっぱ素敵shine
↓こちらはキーラさんとのheart01シーン・ショットです。
Edgeoflove
キーラさんが“come back”って囁いていて、『つぐない』みたいだあ~confident

それと『Peacock』のキリアン君、ファンの報告によるとブラウンのカラーコンタクトをしてるらしい?
どんなカンジなのか…気になりますネnote

| | コメント (4) | トラックバック (0)

5/15超自然兄弟シーズン3終了(アメリカの話ね)

シーズン1、2はエピソード22までだったのに、シーズン3はエピソード16で終わりなのですね。
シーズン4はまたエピソード22までです。

で、シーズン3のラストエピソード「No Rest for the Wicked」のビデオクリップを観たのですが…
兄ちゃん、とんでもない事になってまふ。
画像つけようか迷ったけど、ネタバレ嫌な方がお出ででしょうから今回はパスします。
それくらいスゴイ!ご要望あればつけますけど…smile

しかもラストは

なにそれー!!

と叫んでしまいました。

シーズン3のDVD、アメリカとカナダ限定で密林予約始まったそうです。
↓そのパッケージ。
Sn3dvd
リリース日は未定みたいですが、日本は8/26あたりですか?

【おまけ】ダークエンジェル沈む

先日、東京競馬場(府中)に行って来ました。
思わず名前だけで馬券(しかも単勝sign01)買ってしまいました。
結果、全然来ませんでしたcoldsweats01
Da2
パドックで見ても馬体良く思えなかったんですよね。
まあ、お遊びってコトでwink

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

今の気分は?~#2追記あり

ベン君、もうすぐ来日かあ…。いつかしらん?
21日舞台挨拶チケットはゲットしたけど行けるか不透明です。
20日プレミア上映会は外れたっぽい…wobbly

現在、GSG-9のコニたん(アンドレーアス・ピーチュマンさん)にハマってます。
金髪振り乱してのアクション・シーン、カッコ良すぎでしょうlovely
今後記事にする(カテゴリ化)すると思われます。

近々ラインナップでは、キリアン君と超自然兄弟ネタを予定してます。
いつになるかは自分次第っすsweat02

すみません、以下愚痴ります。
仕事がとんでもない展開になってまして、メンバー全員疲れ果ててます。
頑張れば終わるとかいう次元ではないのです。

ということで…(今の気分は?の)正解は“ブルー”なのでした。

以下、#2追記です。(↑は会社の休憩中にアップしたのでしたsweat02

家に戻ったら角笛ジャパンプレミア招待状が届いてました。
ということで…今の気分はupです。
たまには良いコトなくっちゃね~。でも上手い事行けるかなあ。
会議、強行突破しかないよなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

角笛NYプレミア/abc/moviesurfers/MTV's "TRL"

one5/8 NYプレミア模様画像
20080508ny_premiere1_2 20080508ny_premiere2_2
あっつ、この人、ペネロピだあ♪

two5/5 「Good Morning America」ベン君インタビュービデオ
ttp://video.yahoo.com/watch/2580869
スタジオでのチャンバラ、カワイイです。

threemoviesurfer角笛紹介ビデオ
ttp://youtube.com/watch?v=kbVS68-kebA
ベン君インタビューあります。
映画の裏側が紹介されていて面白いですよ。

four5/6 Times SquareのMTV's TRL訪問画像
20080506mtv_trl
このアングルがよいのだす!

そろそろジャパンプレミア応募の結果が出てきそうですね。
やる事はやったと思います。でも当たる気が全くしません。
しかも万が一当たっても仕事の都合で行けない可能性が出てきましたcoldsweats02
5/21舞台挨拶だってビミョウだし…bearing

※URLは頭にh付けてくださいね。
情報提供くださいました方々、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

今度は本物『Peacock』キリアン君~2008/5/9追記あり

キリアン君ファンサイトさんに『Peacock』ロケのTVリポート動画がアップされていました~happy01
http://www.ktiv.com/Video/T607OdeboltMovie.wmv
動画からおとした画像が↓のようです。
Peacock_2 
うわ~遠目からでもすぐわかるぅnote

キリアン君は男女(夫婦?)の人格が同居する分裂症の役です。
男性の面は銀行の行員(出納係)で、人には親切だが町外れの一軒家に住み人と接しないキャラのようです。(←だいたいこんな感じかとsweat02
えっつ?ってことは…女性の面は…

もしかして女装なのーーーーhappy02

って想像(妄想)してしまいました。
な、なんか…あり得そうですよね~smile

以下、2008.5.9追記です。
キリアン君の女装…
http://eiga.com/buzz/20080507/27
↑この記事で確信を持ちました、自分good

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

着せ替えベン君

バナ兄のサイトさんにこんなの があって、いつか誰かでやってみたいなあ~と思っていたのです。
やっちまいました、ベン君で。→A dressup ben
バナ兄のサイトさんにはかないませんが…sweat01
気を悪くされるファンの方もお出でかと思われます。
ほんの出来心です。笑って許してくださいませ。
見たい方だけクリックしていただければフルサイズが表示されます。

こんなんGWに作ってる自分、よほどヒマ(ってかおバカだす!)と思われます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

プレイバック・マースデンはん3本立てのはずが…

マースデンはん目当てでレンタルオーダーした『アメージング・ハイウェイ60』、『クライムチアーズ』、『ズーランダー』...『ズーランダー』は見事にワンカットのみでした(笑)

oneアメージング・ハイウェイ60(原題:Interstate 60)2002年リリース

青年の不思議な体験を描いたロードムービーです。
将来に不安を抱く学生@マースデンはんの前に現れた謎の男@ゲイリー・オールドマンさんが願いをひとつ叶えてあげると言うのですが…。
Interstate60
面白かったです。マースデンはんファンでなくてもオッケーです。
ブラックユーモアとひねりを効かせたストーリーは何かしら感じるところはあると思います。
クリス・クーパーさん、クリストファー・ロイドさん、マイケル・J・フォックスさん、カート・ラッセルさんとキャストもスゴイです。
このマースデンはんの演技はナイスgood

twoクライムチアーズ(原題:Sugar & Spice)2001年リリース

チアリーダーたちが銀行強盗団になって巻き起こす騒動を描いた、とびきりキュートでセクシーな学園ムービー。(gooさんより)
あり得ない~ってカンジですが、まあ、軽いノリで観る分には良いでしょう。
マースデンはんはフットボールの花形選手でこのチアリーダーのキャプテンとデキちゃって…ってな役です。
Sugarspice
このマースデンはん、魔法@エドワード王子crownに近いです。(何も考えてません!)
↑そういった意味ではオススメです(笑)

threeズーランダー(原題:Zoolander)2001年リリース

あっつ、これ、マースデンはん関係なし(出番2~3秒なので)ってことで進めちゃいます。
あっつ、でも、どこに出てるか探すのもいいかもsweat02

ベン・スティラーさんが超売れっ子のスーパーモデルってコトでまず笑えます。
ライバル(これも売れっ子モデル)がオーウェン・ウィルソンさん、オネエ言葉のデザイナーのウィル・フェレルさんがまたキワモノで…happy02
話進むたび、これでもか~!!って、たたみかけるように笑わせてくれます。
ファッションギョーカイおちょくってるし、期待どおりに下ネタもやってくれます。
何も考えなくていいし(必要なし)ストレス発散するにはもってこいの作品です。
『俺フィギ』くらい、ホント、笑った、笑った。
Zoolander
キャストにミラ・ジョヴォヴィッチさん、デヴィッド・ドゥカヴニーさん、ジョン・ヴォイトさん、チラッとデヴィッド・ボウイさん、クリスチャン・スレイターさん、ナタリー・ポートマンさん、ヴィクトリア・ベッカムさん、ウィノナ・ライダーさん、パリス・ヒルトンさん等など豪華な顔ぶれが勢ぞろいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

スパイダーウィック×超自然兄弟

先日『スパイダーウィックの謎』を観たのですが、魔よけが超自然兄弟的でウケたのでした。
そんなワケで作ったのがこれ。
Spiderwick_sn
この後どうなったかはご想像にお任せいたしますcoldsweats01
(『スパイダーウィックの謎』は別記事で感想書く予定です。)

アメリカではシーズン3も終盤を向かえています。
兄ちゃんのタイムアップ、落としどころが気になりますね。
5月15日放映予定#3.16は悪魔の母ちゃん?とバトルするようなのでここで決着なのかしらん?
ところで…弟クンの霊能力ってどうなっちゃってるんだろ??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

角笛ウィジェット/MTVジャパン特集/イン・ロックさんグッズ

one公式サイトさんからウィジェット取り込んでみました。




two5/8MTVジャパンさんで角笛特集やります。
(某さん情報サンクス!)
自分CS入ってないんで観れませんsad

threeイン・ロックさん製作のオフィシャル・グッズなるものはスゴイっす。
缶ペンケース、シャーペンの画像欲しかったっす(笑)
イン・ロックさんといえば…ムビスタさんですが、6月号の表紙飾りましたね~ベン君。(スクリーンさんに続いてね♪)
おめっとさん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ジェイン・オースティンの読書会』(原題:The Jane Austen Book Club)

読書会のメンバー6人がジェイン・オースティン作品へのアプローチを通して心に抱えた問題と向き合っていくヒューマンドラマです。

Janeaustenbookclub

ストーリーに派手さはないけど、日常的な感覚がリアルで身につまされるセリフも多々ありました。
ジェイン・オースティン読んでいればもっと深いところで楽しめたのかもしれません。
たとえ読んでいなくても、自分なりに感じるところはあったし、面白かったです。
それに皆がハッピーエンドでよかったです。
登場人物が無茶をしないんです。やっぱりオースティンって保守的なのかな?

グリッグ@ヒュー・ダンシー君、かわいかったです。
ヘナチョコなイメージあったんですが、今回もちょっとヘナチョコしてたけど、気優しい青年を好演してました。
素直で年上の女性を立て賢い…ああいう部下が職場にいたらいいんだけどなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『潜水服は蝶の夢を見る』(原題:Scaphandre et le papillon, Le)

ファッション誌「エル」の編集長として活躍する人生から一転、脳梗塞で左目のまぶた以外の自由が効かなくなってしまったジャン=ドミニク・ボビーが、左目の瞬きだけでつづった自伝小説を映画化したものです。

これだけ聞くと、お涙頂戴の闘病記かと思いきや、画家でもあるシュナーベル監督の手腕によってユーモアとウイットに富んだスタイリッシュな作品に仕上がってました。
この笑えない状況を自虐的とも言える語り口調で綴る前半。
死を意識しながらも一日一日の人生を感じ取るように生きる後半。
人間の温もりが伝わってきます。
主役のマチュー・アマルリックさんが素晴らしいです!

Scaphandre_et_le_papillon_le

3月に観たの、ようやくアップしましたあ…coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »