« マカボン君『Wanted』9/20日本公開&クレッチ男さん | トップページ | 名づけて“Cillian blue” »

2008年6月 8日 (日)

『幸せになるための27のドレス』(原題:27 Dresses)

他人の結婚式を成功させることに情熱を燃やす万年“付添い人”のヒロインが、自分の片思い相手の結婚式のために奔走するハメになるロマンチック・コメディー。(Yahoo映画さんより)

27dresses全くその通りなんです。
この映画はヒロインに共感できるかorできないかで、評価が割れると思います。
確かに彼女のおかれている状況は理解できるけど、それって自分で呼び込んだ結果なんですよね。
下手をすれば女性の陰湿さが出てしまいそうなテーマですが、主演のキャサリン・ハイグルさんが爽やかに演じたことで楽しめる作品に仕上がってました。ハッピーエンドだしね。
それにアメリカの結婚式事情がわかって面白かったです。

右は劇場に飾られていたドレスです。
(実際ポスターに使われたものかは定かではありません。)

やはり、なんといってもマースデンはんでしょう
27dresses_2
期待どおりにやってくれましたよ、この作品でも!
彼のためにわざとシーンこさえたんじゃないかしらん。
笑顔が最高にかわいいデス

|

« マカボン君『Wanted』9/20日本公開&クレッチ男さん | トップページ | 名づけて“Cillian blue” »

ネタばれ映画鑑賞」カテゴリの記事

JAMES MARSDEN」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『幸せになるための27のドレス』(原題:27 Dresses):

« マカボン君『Wanted』9/20日本公開&クレッチ男さん | トップページ | 名づけて“Cillian blue” »