« 閑話休題 | トップページ | AERA English 2008.8/Armani氏とBenちゃん »

2008年6月29日 (日)

『美しすぎる母』(原題:Savage Grace)+エディ君スペシャル!

まずは映画感想。
'72年ロンドン、大富豪ベークランド家で実際に起こった息子による母親殺害事件を映画化…
同性愛、近親相姦、母殺し。
これだけのタブーが繰り広げられるストーリー展開は観ていて気持ちのいいものじゃないです。
時代背景や家族関係はわかったけど、“何故母を殺したか”という動機は弱かったな。唐突なんですね、その部分が。
トム・ケイリン監督はあえて結末を提示しなかったそうですが、観る側に委ねるにしては描写が少なすぎかなあ。
まあ、心理描写を掘り下げるともっとドロドロしちゃうだけだけどね。

Savagegrace_3

そして、エディ・レッドメイン君!
シーン、シーンで一瞬に表情が変わるんですね。役を分析した上でのクレバーな演技、お見事です。
あのビミョウは顔立ち(ちょっと爬虫類っぽい?)、クセになりそう。

そのエディ君、2008年10月日本公開予定『ブーリン家の姉妹』(ナタポー×スカヨハ、バナ兄、ジム・スタージェス君もご出演!)、2008年日本公開予定『Yellow Handkerchief』(『幸せの黄色いハンカチ』リメイク)と公開作品が続いて楽しみなのです!

顔ちっちゃいな~って思っていたらBurberryのプロモに出演してたんですね。
http://jp.youtube.com/watch?v=-4M5kBld5Og&feature=related
↑これはなかなかの美形っぷりですよ~note

|

« 閑話休題 | トップページ | AERA English 2008.8/Armani氏とBenちゃん »

EDDIE REDMAYNE」カテゴリの記事

ネタばれ映画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
いやいやー、きちゃいましたよ、クセになっちゃたかもですよ、エディ君(笑)
スラっと細い体つきも タバコをすう仕草もなかなかよかったですな~。
ちょっと作品追っかけたくなりましたねー。
ブーリンガールも楽しみだし、キリアン君と絡んでるとこ想像したら(いやいや、その絡みじゃなくて・・笑・・それでもええけど)もうワクワクするったら♪

それで、映画の方はというと・・うん、やっぱりそれぞれの人間関係の掘り下げ方がちょっと弱かったですかねぇ。
夫婦も母子も、息子のカノジョとの関係も・・だからなんだか結末はもちろん、それまでのいろんな経緯も、流れが軽いというか唐突なかんじがしてしまうんでしょうね。
でも時代のムードや音楽や景色やもろもろ・・・雰囲気は好きでしたワ。 (最後の母のあの行為だけは理解不能、カンベンですけど・怒)

とにかくエディ君だけで○でしたぁ(笑)

投稿: hagi | 2008年7月16日 (水) 23時15分

>hagi様

こんばんは~。
やはり、エディ君きちゃいましたかー(笑)
手足が長いので(モデル体型~^^)ちょっとした動作でも優雅に見えますよね。
ボーダーシャツに短パンでチャリにまたがる姿もよかったですわ~。
今年はあと2作品は日本で公開されるはずなので、楽しみですね。
『White Male Heart』でのキリアン君との競演は萌えるぞ~!!

そうなのですよ!
この映画の展開、あまりに唐突なんで落としどころが不明瞭なんですね。登場人物の行為に強い動機が感じられないんです。
よって、何を描きたかったのか伝わってこず、単なる大富豪一家のスキャンダラスな事件を追っただけ?みたいな…。
時代の雰囲気は確かによかったですね。

私もエディ君だけでオッケーでしたわー(笑)
あとダンシー君も!

投稿: 潮風 | 2008年7月17日 (木) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397343/21965303

この記事へのトラックバック一覧です: 『美しすぎる母』(原題:Savage Grace)+エディ君スペシャル!:

« 閑話休題 | トップページ | AERA English 2008.8/Armani氏とBenちゃん »