« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月28日 (日)

ピーチ男はん『Zwei arme Polnisch sprechende Rumänen』『Böseckendorf』情報

pencil『Zwei arme Polnisch sprechende Rumänen』

以前にちくっと触れた9月のピーチ男はんの舞台情報です。
ウィーンで開催中の演劇フェスティバルの一環で、現在はMaxim Gorki Theaters Berlinで上演しています。
ベタな訳をすると“ポーランド語を話す2人の貧しいルーマニア人”なんですが、2人の1人がピーチ男はんです。そら、当たり前や!

Serveimage

公演詳細⇒コチラ
放浪劇がベースでアルコールにドラッグとラストは殺人なのかな?
上のサイトの画像、血しぶきだし。
ダンボールかじってる画像あったんで、“ホームレス・ルーマニア人”かなあ?

それから、先日チェックしたところ、劇評が載っていました。
Maxim Gorki Theatersのスタジオは小劇場といったようで、様々に変わる背景にビデオを多用したとあります。
ピーチ男はんはドラマ撮影と重なってハードスケジュールのようです。
劇評ニュース・ソース⇒

pencil『Böseckendorf』

多分ですね『Zwei arme Polnisch sprechende Rumänen』と重なったドラマ撮影がコレだと思われます。
実際に起こった“ヨーロッパ・ピクニック計画”(ベルリンの壁崩壊の源流といわれる)をドラマ化したものです。
そのロケ・ショットです。

Picknick_am_ddrdorf_gros_steinum

ピーチ男はん、後頭でもすぐわかるよ~。
残念ながらどんな役かは不明です。(IMdbさんだと3番目にクレジットされてます。)
のどかな撮影風景ですが、ベルリンの壁崩壊という衝撃的な歴史のウラにこんな事件があったのは正直知りませんでした。
観たいなあ。
ニュース・ソース⇒
ドイツ語自動翻訳って疲れるわあ…bearing

clip予告

『GSG-9 Konnyたん追悼特集(後編) 』は次回になります。
“その後”のプチプチっとした漫画載せるかもです。描くわよ~Konnyたん!!
やっぱアタシ、Konnyたん好きなんだわ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

『White Male Heart』キャスト変更?

例によってキリアン君ファンサイトさんからのネタです。
IMdbさんの『White Male Heart』キャスト、エディ君が外れてマックス・ミンゲラ君になってました。
この件に関して、キリアン君ファンサイトさんは懐疑的な見解をしていました。
今後、追い記事でお伝えしようと思います。
う~ん、IMdbさんの情報も完璧ではないもんね。

マックス・ミンゲラ君は1985年9月1日生まれ、ロンドン出身。
キリアン君とは『Hippie Hippie Shake』で共演してます。
エディ君は1982年1月6日生まれ、ロンドン出身。
念のためキリアン君は1976年5月25日生まれ、アイルランド出身。

さて、キリアン君のお相手は…
Max_eddie_cillian_3
アタシの好みからすると、エディ君でお願いしたいっす。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

GSG-9 Konnyたん追悼特集(前編)

Ne~~in!!

Petraの叫び声に想いが重なってしまいます。
YouTubeで予習していたから結末はわかっていたけど、それでも辛かったな。残酷だよね。字幕で見たら、余計にそう感じてしまった。

字幕といえば…
会話シーンが“コニー”ってなってるけど、“(フォン)ブレンドープ”って言ってるのよね、GebとPetra(と数箇所かな?)を除いては。
Konnyたんの置かれた状況のキビしさが伝わってきて切なかったです。

絶体絶命のKonnyたん。
追い込まれながら切り抜けようとする姿は悲壮感が漂って痛々しかったよ。
こんなに出血していて大丈夫なんだろ~か?と思ったりもしました、ハイ。
Gsg9_das_testament_03_500_404_sat1

おお~~っつ、いわゆる(Petraの)サービス・シーンよね。
冒頭はDEMIやんのお尻もありましたなあ。つるんって(笑)
この角度のピーチ男はん(Konnyたんというより素を感じる…^^;)は最高に美しいshineのよ。
Gsg9_das_testament2

実際、内容を考えきらずに書き始めちゃったので、まとまってないです。
それで(前編)なんです…coldsweats01
(後編)のアップはちょっとお待ちくださいませね。

イラストも中途半端で下書きレベルのままアップしちゃいます。
ってかトレーシングペーパーきらしていてCG仕上げできなかったんです。たまにはいいかな、こういうのも…^^ゞ
Gsg9_for_konny
ところでGSG‐9のシーズン3ってあるのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

9/18超自然兄弟シーズン4開始(アメリカの話ね)

始まりましたね~。
シーズン3のラストが気になって仕方なかったので、YouTubeでシーズン4エピソード1“Lazarus Rising”をチェックしてしまいました。

出だしで、肩透かし食らわされてしまった感じです。
そ、そう来たか!!って…。
私は英語ngで、会話の雰囲気でしか理解しておりません。なので、かなり曲解してると思います。

それにしても(;;;´Д`)っす。
超自然兄ちゃん自身が超自然になってしまったの?
これがシーズン4の重大ポイントみたいですけどね。
弟クンもなんか秘密抱えてそうだし…。
悪魔だけでなく神(?)登場なのかな。


ちゃんと字幕で観たいなあ。
とは言うものの、相変わらず兄弟愛heart04は炸裂しとったです。
これは字幕無くてもわかるsmile

#4.01“Lazarus Rising”の画像より。
00516890d6a 00517040d1b 005170108f8
0051687017d 00516900757 00516930073_2

#4.02“Are You There, God? It's Me... Dean Winchester”画像より。
005185208e5 00518560d5f 00518580ff9
005184408de 005185402f2 00518450311
おおっつ、魔女っ子メグちゃん再登場ですね。
めちゃくちゃ久しぶりの超自然兄弟ネタでした~^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BenちゃんDorian Grayスチール画像

ビクトリア朝衣装に身を包んだBenちゃん、キマリにキマリshineまくってます!!
Dorian_gray_1_2
Dorian_gray_2_2 Dorian_gray_3_2 Dorian_gray_4_2
濡れた髪からしたたる雫さえ美しいのですわ~lovely

元ネタ記事:http://www.thebadandugly.com/2008/09/16/first-look-dorian-gray/
某様、情報提供ありがとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ウォンテッド』(原題:Wanted)~マカボン×クレッチ男で二度オイシイ♪

最初におことわりしておきます。
この映画はネタが命なので、極力ネタバレしないよう抑えます。
では、どうぞです。

Wanted_story

驚異の新次元アクションと謳った事だけはあります。
これまでにないビジュアルワールドが次らから次へと展開し、脳が麻痺しそうになります。
内容も面白かったと思います。
伏線の張り方が上手いというか、気が利いているというか、ストーリーと台詞が絡み合っているんですね。しかも随所で笑えるし。
ただ、理詰めでなければ納得できないタイプ(ココがおかしい!!って気になっちゃうと最後まで気になっちゃうタイプとか)に受け入れられるか気になるところです。
あ、この辺は流しちゃおう~ってタイプなんで、自分は…^^;
(もちろん許容範囲の限度はあります。)

ベクマンベトフ監督、『ナイト・ウォッチ』『デイ・ウォッチ』と比べて、洗練されたというか、スマートに仕上がっていたんじゃないでしょうか。
あ、なんかオシャレじゃん、みたいな(笑)
だからといってハリウッド映画界に迎合したわけではなく、やはりどこか感覚(文化)が違うんですよね。(具体的にどういうコトか上手く言い表せないんだけど…^^ゞ)
起用した俳優も米・英・独・露と多彩な顔ぶれ。
個人的に『ナイト・ウォッチ』『デイ・ウォッチ』アントン役のコンスタンチン・ハベンスキーさんが出ていたのは嬉しかった!!

Wanted_

◆おまけ◆
19 June 2008 Los Angeles Film Festival - Wanted Premiereより、マカボン君とクレッチ男はんのツーショット。

Thomas_kretschmann_james_mcavoy
クレッチ男はん、もちっと小奇麗なカッコすればよいものを…ベースは良いのに勿体ないなあ。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2008年9月15日 (月)

#2.11Konnyたん再登場/GSG-9ゲーム/ピーチ男はん未確認情報

one#2.11Konnyたん再登場

明日9/16放映のGSG-9はKonnyたんファンにとって待ちに待った日であると同時に運命の日なのです。
YOUTUBEさんではドイツ語でしたから、今回は字幕でしっかり見据えようと思います。
Gsg9_das_testament_konny_petra_illu
放映後、再度記事にしようと思います。

twoGSG-9ゲーム

今までドイツの公式サイトを何度も覗いていたのに、このお遊びがあるのに気がつきませんでした。
いわゆるメンバーの顔合わせ(神経衰弱)ゲームです。
http://www.sat1.de/filme_serien/gsg9/pairs/
ファン心をちくっとくすぐられますね。

threeピーチ男はん未確認情報

IMDbのピーチ男はん、『10 Sekunden』にOther crew“runner”って載ってたんですけど、キャストにはクレジットされてないんです。
どういうことでしょうか??エキストラでランナーですか??
↓コチラのサイトさんではピーチ男はんの名前なんてないし…
http://www.filmstarts.de/kritiken/99643-10-Sekunden.html
どの道わかんないし…まあ、いっか…はは…coldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ドイツ映画祭2008~ブリュール君とシュヴァイガーさん!

今年は無いと思っていたのです(毎年6月有楽町開催だったから)が、秋に新宿で開催されると知り大喜びです。

◆とき◆10月31日~11月3日
◆ところ◆新宿バルト9
◆上映予定作品◆
『クラバート - 謎の黒魔術』
『ノース・フェイス - アイガー北壁』
『クララ・シューマンの愛』
『HANAMI』
『ベルリンDJ』
『ウェイブ - あるクラスの暴走』
『耳のないウサギ』

『巨人ゴーレム』
『カリガリ博士』

チケット発売は10月1日より。
スケジュール、チケット発売など詳細はぴあさんのコチラにあります。

現時点(2008/9/15)、公式サイトさんは準備中なので9月下旬にチェックしてみてください。

さて、個人的に食指が動いているのは『クラバート』と『耳のないウサギ』です。

『クラバート』は『大どろぼうホッツェンプロッツ』や『小さい魔女』などで知られるオトフリート・プロイスラーが、ドイツとポーランドにまたがるラウジッツ地方の古い伝説を下敷きにして書いたファンタジー作品です。あの宮崎駿監督が『千と千尋の神隠し』の下地にしたそうです。
で、主役じゃないけどブリュール君観にいきたいっつ!!

やっぱブリュール君とスタージェス君って似てる…

『耳のないウサギ』はティル・シュヴァイガーさん(U-429艦長さん) 主演のロマンチック・ラブコメディです。
シュヴァイガーさんは監督・脚本も手がけているんですね。
2006年ドイツ映画祭に上映された『素足の女』もそうだったし、才能の持ち主なのですね。
『素足の女』は見た目(いかつい顔)とは違ったお人好しの役がハマってたので、この『耳のないウサギ』も楽しみなのです。

あ、TRだけでも笑える!!

『ノース・フェイス - アイガー北壁』(ヒロインが『裸足の女』の人ですね)と『HANAMI』(日本出てきます~^^)も面白そうです。
『ベルリンDJ』の情報が探しきれなかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Fifty Greatest Gay Movies!~すごいタイトルだ^^;

GサイトさんでG映画ベスト50が発表されました。
⇒詳細はコチラにございます。
関連記事:Yahooさんeiga.comさん

やっぱり『Brokeback Mountain』1位でした。そうだよね。
Steveクンの『Latter Days』4位は嬉しかったけど、『Shelter』3位に負けたのはちと残念。
実は『Shelter』は今年のLG映画祭で観ました。
決して悪いとは思わないけど(主役はナイスな男の子だし)主人公のお姉さん、あまり身勝手なんですもん…angry
例のパフォーマンスもイマイチ緩かったな。

◆『Shelter』TR◆

あ、でも、後味いい作品に仕上がっていますよ。この辺が支持されたのかな。

◆『Latter Days』の面白シーン◆

私的には『BBM』とこの作品は同率1位なんですよ。

他では…
『Maurice』5位(このヒュー・グラントさんは美しかった)、『The Adventures of Priscilla, Queen of the Desert』10位(一生懸命で健気なのね)、『Torch Song Trilogy』12位(結構切なかったな)、『My Beautiful Laundrette 』13位(ダニエル・デイ=ルイスさん若かりし頃は…)、『Velvet Goldmine』38位(ユアン・マクレガーさん若かりし頃って…ひえ~っつ、クリスチャン・ベールさんのりんごほっぺも注目)、『Angels in America』39位(パトパトがアルパチさんにもてあそばれ…)

こんなところ挙げておきます。
全部語れるほどツウじゃないって(笑)

ちょっと待ったーsign01
なんで『Breakfast on Pluto』と『Another Country』がランクインされないんだーsign03

| | コメント (9) | トラックバック (0)

『デトロイト・メタル・シティ 』~クラウザーさん降臨す!

原作を読んでいたので、どこまであの世界に近づけるかギモンではありました。
が…
漫画よりだいぶソフトタッチでしたが持ち味を活かしつつ、逆に漫画には出来ない映画ならの表現~空間や臨場感~で勝負していたと思います。
青春映画ってカンジで作品的にも上手く作られていたと思います。



松ケン君のパフォーマンスは最高っした!
ライブシーンは鳥肌モノですね。
最後の対バン、わけわかんなくっても、あのラストは感動しちゃいましたもの。そういう力があります。
クラウザーさんの格好で根岸君として悩む姿、母性本能くすぐられるんだわ。

他のキャストさんもいい仕事してました。
女社長@松雪さん(最初は舞台と同じ台詞まわしが気になったです)のキレっぷり、お母さん@宮崎さんの包容力は特筆すべきかな。
この2人の女性、実は形こそ違え、根岸君/クラウザーさんを見守っているんですよね。
DMC信者の大倉孝二さん、岡田義徳さんもナニゲに色んなトコで笑いとってましたgood

残念なのは
グリとグラが人間じゃなかったこと。
バンド合戦がはしょられていたこと。(○玉ガールズはよかったけど鬼刃はイマイチだった。アタシのお気に入りのバンドが出てなかったああ。でもこれやったら終わんないよね^^;)
M男が出なかったこと。(ってか無理だよ、これわ。あのナポレオン映像したらイイモノできたのに←お~いっつ!!)

で…
続編作ってください!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Watching the Detectives』キリアン君鑑賞

あまりにも気になったので動画サイトで『Watching the Detectives』をチェックしちゃいました(^-^;
買われた方には申し訳ないです…すみませんです。

内容を想像するに、映画オタクのビデオ屋ニール@キリアン君は好きな映画の世界だけで毎日を過ごしていたけど、“運命の女”バイオレット@ルーシー姐さんに会うことで現実と映画の境界線がぼやけ始めて…ってな話でした。
奇妙なコメディ映画としか言いようがなかったです

ルーシー姐さん、モンスターぶり発揮してましたね。
(あの笑い方が癇に障るってか…私はwobblyでした。)
どっちもスレンダーなので、絡みも色っぽくなかったなあ。
そんな中でもキリアン君の持ち味は出ていたと思います。
ほんと、かわいかった!!
(泣きながらのベースボールのランニングとか笑っちゃった。)

この映画のキリアン君の格好はめちゃフツウ(映画オタクだからフツウじゃないカッコもするけど)でいい感じでした。
前にも書いたけど、全体的な色調(色使い)も気を使ってます。

気になっていたkaraokeシーン、よかったですnote

今度はシリアス路線のキリアン君に会いたいかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『Easy Virtue』 Ben Barnes Colin Firth interview~BenちゃんColinおじ様と一緒

当初はトロント映画祭『Easy Virtue』プレミア画像を予定してたのですが、こちらのインタビューが面白かったので載せちゃいます。
トロント模様は動画サイトにいっぱいアップされていますしね。



ヒアリング堪能な方ならかなり面白いんじゃないでしょうか。
自分はお二人の表情を眺めて楽しむくらいで…ホント哀しいっすweep
Benちゃん的には冒頭のバカ(笑)と中盤の鼻歌ですね。

Benちゃん『Easy Virtue』、『Dorian Gray』と立て続けにColinおじ様と共演しています。
ここはColinおじ様からアクターとしていろんなものを吸収して欲しいところです。
がんばれBenちゃん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

3連休2日目の朝…

仕事覚悟してたんですど、ナニゲに休めました。
昨日は溜まっていたネタをアップする時間がそこそこあったんですけど、首と肩の痛さでキーボード触る気になりませんでした。
というコトで、今考えているネタのラインナップは

『 デトロイト・メタル・シティ 』感想、Benちゃんトロント、G映画ベスト50、GSG9小ネタ+Konnyたんイラスト、ドイツ映画祭、『Watching the Detectives』プチ感想、『WANTED』感想

を予定してます。まだ何も書いてません。
しかも遅筆なので全部は消化できないと思われます。今日もこれから三味線の稽古ですし。

以下、戯言です。

◆歯医者さん◆

昨日、かかりつけの歯医者さんに行ってきました。ブリッジが外れかかったからです。
この歯医者さん、治療中に笑わせようとするんです。
昨日も「はい、ぎゅっと噛んで」と言われて、そのとおりにすると「あいたたた…」って。
こういう歯医者さんなら治療も怖くない?

◆○○に似ている◆

その歯医者さん曰く、私は某番組のお姉さんに似ているらしい。(前回も言われたです。)
すみません、存じませんです…って返そうにも、喋れないんだって、治療中だから!!ふががまへん…って感じよ、もう(笑)
まあ、似ている似てないはさておき(似てないとおも)、これまで似ているとは言われた中で一番すごかったのは…
ジャー・ジャー・ビンクス!!
『スター・ウォーズ』のちょっと臆病なあのキャラです。
これ職場のY君に言われましたデス。
おいっつ、それ地球人じゃねえぞ~~!!

◆プロマネのヒンカクVSケイヤクのプライド◆

なんで簡単に投げ出すんだろう??と言ってもF総理の話じゃない、身近な話。
しかもすぐ休む。特に重要な時に限って。
無理なスケジュール引くのも論外。それは人管理していない(=何も考えていない)証拠よ。
結果、やばくなると逃げる。この繰り返し。
下で働くもんは自分の成すべき事をわかって動いているのに。プロ意識の違いよね。
もっと自分の役割に責任もって欲しいもんだわ!あとさ、会議中に寝るのやめてくんないかな、主任さん。

◆落下の枕◆

昨日、ベランダに布団干した時のこと。ウチは4楷です。
あれ?ウチの直下1階の庭に枕が落ちている…
枕が布団に挟まっていたのを気がつかずに干してしまったのです。
あわてて撤収に向かったけど、そこの方はお留守。庭に誰もいなくてよかったです。その後何度かチェックしたけどそのまま放置。
その後、枕は無事戻ってきましたです。
1階の玄関ホールに置いてあったので、こっそり持ち帰りました。
お礼とお詫びに行ったけどインターフォンに出てくれないんだもん。

これから気をつけよう、自分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

【お知らせ】9/9ココログフリーメンテナンス※13時時点で終了してます※

ココログさんからのお知らせです。
2008年9月9日(火)9:00~15:00、メンテナンスを実施いたします。
従って、拙ブログへのトラックバック/コメントの受けつけ、携帯閲覧がご利用できなくなります。
※パソコン閲覧はOKです。
という事でよろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

Pinbacker VS Scarecrow(※あまり関連ありません^^;)

す、すいません、今頃で。やっと気がついたんです。
『Sunshine』Pinbackerが『Stardust』Septimusと同一人物だってことに!!
そうだよマーク・ストロングさんなんだよね。

だって
24_800

Pinbacker
だもん。
まあ、キリアン君もこんなお姿になってるからお相子かあ。
↑ち、ちげーよ!!
Darkknightscarecrow
うわ~ん、今回キリアン君のまともな画像なくてごめんなさいsweat01

マーク・ストロングさん、2008年12月20日日本公開『Body of Lies』(でかぷりおさん+くろうさん主演映画)でお目にかかれます。
2010年公開予定ガイ・リッチー版シャーロック・ホームズ映画の悪役にも決まったそうです。シャーロック・ホームズには、ロバート・ダウニー・Jrさん。
http://cinematoday.jp/page/N0014945
その他『RocknRolla』『The Young Victoria 』など注目作品でご活躍なのでした。

偶然ですが『Sunshine』関連でものすごっつうeyesign02なイラスト見つけたっす。
男×男が大丈夫な方だけコチラをご覧下さい。
海外にも○女子っておるんやなー(笑)
しかもキリアン君ファンサイトさんの人もコメントしてますね。
いくら妄想好きなアタシもここまでは…coldsweats01とか言いつつ、喜んでたりする(^^ゞ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

9月1日『ウォンテッド』ジャパン・プレミア事後報告^^;

ようやくアップしました…coldsweats01

会場は新木場スタジオ・コースト。ライブハウスです。プレミア会場としては珍しいかなあ。
19時までに間に合えばOKという事で、会社からダッシュで駆け込みました。

19時過ぎ、レッドカーペットイベント開始。
位置取り悪くって、何をやっているか様子分からないんですよ。スクリーンが欲しかったなあ。
それでもなんとかゲストの方のお顔を拝み観る事はできました。

レッドカーペットイベント終了後、会場に誘導されて、全員(たぶん600人はいたと思われる)収容するまでに30分はかかったかなあ。
椅子が用意されていたのは半分にも満たない数。あとはスタンディング。私も立ち見。正にガチンコ試写会coldsweats02
それでも、マカボン君観たらテンションupって暑さも疲れもぶっとんじゃったんだけどねwink

DAIGO君とマカボン君の舞台挨拶は、爆笑モノでした。
マカボン君、DAIGO君の受答えの時、真剣に彼の方見てるんですよ。あの喋り方、観察してるっぽかった。
次にマカボン君が答える時、マネしてたっぽいもの。
マカボン君はユーモアがあって、ボディーランゲージ、ストレートに出てます。表情くるくる変わるお茶目さん。
でも決して出過ぎたマネはしない、クレバーな方に見受けられました。
プロなんだよね、マカボン君sign03

20080901_wantedjapanpremiere_mcavoy 20080901_wantedjapanpremiere_mcav_2
生マカボン君、正直、かわいかったデスribbon

9月1日の記者会見とジャパン・プレミア動画がBIGLOBEさんにありました。(9月2日の芸能ニュースDAIGO君タイトルです。)
http://broadband.biglobe.ne.jp/index_program.html?prog=entertain&ch=&af=1&bgf=C110_BS_PR&bgt=PP500
※動画は配信期間があるかもしれません。

イベント司会を務めた伊藤さとりさんのブログとゲストLiLiCoさんのブログに舞台裏が紹介されています。
某様、情報ありがとね~(^_-)-☆

それからついでに、公式サイトさんで
プレゼントキャンペーンやってます。
もしかしたらマカボン君のサイン入りポスター、プレスが当たるかもです。応募は9/30まで。


さて、肝心の映画の内容ですが、後日良いコンディションで鑑賞してから書こうと思います。
なので、今回はTR貼っておきます。


Wanted_2
これは夢のあと。
今回のジャパンプレミアはファンにキビしかったデス。
それでもゲストさんが良かったから救われましたデス。


さて、ここからは個人的なコト書きます。(本筋に関係ございません。)
なので、戯言に付き合ってもよいよ~という方のみご覧くださいませ。

この日、午後からユーザさんとの会議でした。
私はチームの皆にはイベントに行きたいから定時で帰りたい旨をカミングアウトしました。
さすがに節度くらい持ち合わせているので、会議を優先させます、とも言い加えておきました。
会議はテーマ毎に担当が入れ替わるもので、私は15時30分くらいにお呼びがかかりました。
17時30分になっても会議は収集つかず、この時点で諦めモードに入りました。タイムリミットは18時です。
17時55分、完全に諦めました。それから2~3分後の事。
急にY主任が「あ!○○さん(私の名前)、時間っつ!」って言い出して、DAIGO君似のY君も「ああ~っつ、すみません!」って…
私が「もう間に合わないです。走ればギリギリかも…」って返したら、2人で「じゃあ走ってください!!」って言ってくれたから、もう私も「すみません、じゃあ、行きます!!」ってノリで。
これユーザさんの前でやってました(^^ゞ
あわてて席に戻り、帰り仕度しようとしたら、隣の席のI君(彼は会議は出ていない)が「自分、Y主任に携帯にメールしたんですよ、○○さん時間だよって」って。
これ聞いて嬉しかったなあ。
I君に「絶対、行って下さい!」って言われて、仕事ほっぽる後ろめたさ、吹っ飛んじゃいました。
それから、私、走りました、汗だくで。
皆、ありがとね!!

Y君、DAIGO君はスターだったよ(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »