« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月30日 (木)

Edgeのキリアン君鑑賞

『The Edge of Love』動画サイトで13分割を全部観ましたあscissors

うん、うん、このキリアン君、よいですよ~。
特に後半!!
主演陣の中で一番際立っていたと思います。贔屓目じゃなくて。

内容は雰囲気だけで理解しました(笑)
以下、ネタバレ入ってますのでngな方はスルーしてくださいね。

Eolstill15

戦場から戻り、フラッシュバックに苛まれ精神的に病んでいく姿は極唾モノです。
透き通った青い瞳が狂気をはらんだ危うさを醸し出してます。これはキリアン君ならでは!です。
この後の子供を入浴させるシーンが正反対で温かい眼差し。イノセントなオーラに包まれてます。
対極を演じ分けるって、さすがだわ~confident


結局、女性の友情モノ(ホントは“びあん”なんですよね?)に落としどころ持っていったんですね。そのワリには説明足りないと思ったけど、英語力のなさのせいかな。
ディラン・トーマス、ネームバリューの割りに存在感が宙ぶらりんな印象受けました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月27日 (月)

後記

今回のアップは超自然兄弟と久々のBenちゃん、このところレギュラーのKonnyたん。
結果『ブーリン家の姉妹』落としてしまった。今週中にアップできればいいなあ。
これでも文章練るの、ひと苦労してます。
(特に感想は時間がかかるんです。言い訳じゃないけど。あ、言い訳っすね。)

10月31日、11月1日はドイツ映画祭です。
これも記事にするつもりです。
おお~っと、Edge@キリアン君、動画の続き観なくちゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Konnyたんピーチ男はんイラスト~私壊れてます

イラスト+戯言です。

Konny_pietsch_illust20081026

うううううう…やっぱ好きだーKonnyたん。優しいんだもん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

超自然兄ちゃんミュージカルパフォーマンス~#4.06より

もう、最高ってくらい笑えます。
これはシーズン4エピ6“Yellow Fever”のエンディング映像ですが、おまけ(ってかサービスよね)で流したと思われます。ドラマのワンシーンの続きなのです。
そのワンシーンも面白かったけど、ここまでジェンセン君はノッてくれていたんですね。
あっつ、動画は再生してもネタバレないと思います。た~ぶん(゚▽゚*)



以下はシーズン4ちくっとネタバレです。
エピ6“Yellow Fever”は兄ちゃんの逃げっぷりと弟クンの呆れ顔で決まり。
日本の怪しげな古文書も登場して( ̄ー+ ̄)って感じ。
結構キーになる映像(暗示的?)もあったよね。
エピ7“It's the Great Pumpkin, Sam Winchester”(次回放映ですだー)は弟クンのパワーに関連しそう?
しかしCastielってホントに“天使”なんでしょうか。仮に天使だとして一概に信用していいってワケないしなあ。翼だって影のみ(黒)よね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

超自然兄弟シーズン3完了+#3.13画像遊び

シーズン3終わったねー。
と言ってもあの終わり方ですからねー。
思いっきり終わってないよねー。

まずはエピ13~16までを一言コメントしてみました。

エピ13“Ghostfacers”
シーズン1エピ17“Hell House”の続きモノ。
なんだよーGネタ好きなんじゃないかー!と突っ込む突っ込む。まあ、泣かせる話ではありました。
それと、よほど全米脚本家協会のストライキ響いたんですね。

エピ14“Long-Distance Call”
父ちゃは声だけ出演。
兄弟の想いが交差して、ホントにあんたたちって!と突っ込む突っ込む。

エピ15“Time Is on My Side”
食事しながら観たんですが後悔しました。エグいシーン多くってキツかったっす^^;
ベラ、幕引きはあっけなかったですね。トラウマでもっと含ませられたのにね。まあ、諸事情あるんでしょう、製作サイドの。
はじめて弟クンの瞳(ってか目玉だよ~)を観た気分っす。だって奥目なんだもん。

エピ16“No Rest for the Wicked”
何も言えねえcoldsweats02
じゃなくて、えっと、そっか!弟クンのパワー(悪魔の力?)やっぱ消えてなかったんだね。でシーズン4へ引き継ぐわけね。
実はリリスは弟クンを手に入れたいんだ…think
シーズン4でルビーのキャストが変わっていたのですが、なるほどね、体から抜けちゃったんだからいいんだよね(笑)

エピ13“Ghostfacers”で遊んでみました。
Sn313gag

今後はシーズン4チェックかな…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Benちゃん『Easy Virtue』情報/10月17日Evening Standard掲載より

久々のBenちゃんネタなのです。
決してBenちゃんウォッチングをサボっていたワケではないっす(^-^;

one『Easy Virtue』情報

Part1:London Film Festivalで10月28日、29日に上映されます。
Easy_virtue_04
ジェシカ・ビールさんとのツーショ。白でキメてます。
『Dorian Gray』が黒のイメージなので正反対ですね。

Benちゃんは髪も目もブラウンなので色調として黒のがあっていると思うけど、白は新鮮って言えば新鮮。
LFF模様はいろんなトコでアップされると思われます。チェキしなくちゃね♪
詳細はコチラでどうぞ。

Part2:サントラ11月3日UKリリース
Easyvirtueposter
う~ん?映画ポスターも同じレイアウトなのかしらん?
詳細はコチラでどうぞ。

two10月17日Evening Standard掲載より

画像だけひろってみました。
題してBenちゃんファッションショーなんちて。

Shirt:Burberry
Jumper:Hermès
Watch:Ben's own←eyesign01
Ben_barnes_eveningstandard1_2
ぶ~たれBenちゃん。緑のなんですか?美味しそうに見えない。

Suit &shirt:Hackett
Tie:Gieves & Hawkes
Shoes:Louis Vuitton
Ben_barnes_eveningstandard2

Ben_barnes_eveningstandard4
ええなあheart01こんな風に出迎えて欲しいだす。

Waistcoat:Paul Smith
Shirt:Louis Vuitton
Ben_barnes_eveningstandard3
Benちゃん着こなしはgood
逆に自前はホント、シンプル。それはそれでいいんだけどね、天然っぽくって(笑)

詳細はコチラでどうぞ。
一度ローカルにダウンロードしてしてから開いてください。(PDF形式でファイルサイズが大きいため直接IEで開けないと思います。)

その他、10月25日はLondon MCM Expo(角笛DVDのPRと思われる)ゲスト出演と営業(笑)に精を出すBenちゃんなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

Steveクン『Revolution』Green-Lightsピンチ?

いつになったらSteveクンの『Revolution』オンエアするんだろう?
と思って、時たまチェックしていたんですが、来シーズン以降に延びたみたい…sad

元ネタです。
http://www.scifi.com/sfw/screen/sfw19511.html
http://www.buddytv.com/articles/eureka/eureka-midseason-finale-airs-t-23017.aspx

9月中頃に探し当てた別ネタ(あっつ、もうネットから探しだせないですうsweat02では『Revolution』のGreen-Lightsビミョウって書きっぷりだったんですよね。哀しいぞ…weep

それでは…ってんで、のばしのばしにしていたSteveクンゲスト出演『Grey's Anatomy』#4.06“Kung Fu Fighting”を動画サイトで観ることに。本国でのオンエアは一年前くらいよね。
コミカルな内容でSteveクンはチラチラチラ~と出てくるくらいでした。いいんだーそれでも。
コチラにボンヤリした画像ありました。

イラストは久々の『Latter Days』Steveクンです。
Aaron_in_latter_days
やっぱdogだよねえ。
拙ブログ、いろんな国の御方(数は決して多くないけど)がSteveクンイメージ検索でいらっしゃるので、多国語レタリングしてみました。この場をお借りしてご来訪感謝なのです。って日本語じゃん!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

10/19東京国際映画祭『ブーリン家の姉妹』監督舞台挨拶

上映前にジャスティン・チャドウィック監督の舞台挨拶がありました。
チャドウィック監督は司会進行役の襟川クロさんが仰ったとおり、えっつ?って思うほどお若くって(現在39歳、おっピーチ男はんとタメ)、なかなかのオトコマエさん。
元々俳優だったそうで、納得です。

以下、チャドウィック監督インタビューから印象に残っている部分。
ナタリー・ポートマンさん、スカーレット・ヨハンソンさん、ハリウッドを代表する2大若手女優を迎えての撮影はさぞ気苦労も多いのかな?と思ったのですが、全く逆で、2人ともとても協力的で和やかな雰囲気だったそうです。
それと、この作品は同名の原作を映画化したものですが、当時の歴史をリサーチしているので、ほぼ真実の物語となっているとのことでした。
チャドウィック監督、上映前にネタばれ発言しちゃってあわてる一幕も。
一生懸命さに好感が持てました。
あと、クロさん、大奥に例えてのご質問はgoodです。
ホント、そんな感じですもんね。

『ブーリン家の姉妹』撮影風景
Theotherboleyngirl
↑ナタリー・ポートマンさん、スカーレット・ヨハンソンさん、ジャスティン・チャドウィック監督

関連記事です。
リンク: ナタリー・ポートマンがスカーレット・ヨハンソンを泣かした秘話を監督が暴露!? - シネマトゥデイ

『ブーリン家の姉妹』映画評は別記事で近々にアップします!!
バナ兄、レッドメイン君、スタージェス君のコスチューム姿shineはなかなかでしたよ~んheart04

| | コメント (2) | トラックバック (1)

『わが教え子、ヒトラー』(原題:Mein Führer - Die wirklich wahrste Wahrheit über Adolf Hitler)

Mein_fuhrer_die_wirklich_wahrste_wa この話は真実だ。しかし“真実すぎる”ため歴史の本には出てこない。

このモノローグで始まる作品、敗戦が濃厚になりつつある1944年12月のドイツが舞台。
収容所から呼び出されたユダヤ人元演劇教授は、ナチス最高幹部たちに精彩を欠いたヒトラーに力強い新年のスピーチをさせるよう命じられる。
かくして密室(といっても隠し窓から丸見えなのだが)で2人+dog(←これポイントです)の演技レッスンが始まる。
教授は隙あらばヒトラーを殺そうとするが、なかなか踏み切れない。
過去のトラウマに囚われ涙を流すヒトラーの姿はあまりに無力で哀れだからだ。
レッスンを繰り返すうちヒトラーは教授に心を許すようになっていくが…。

ダニー・レヴィ監督はユダヤ人ですから、ヒトラー憎しの作品かと思いきや、コメディではありませんか。この切り口は斬新です!
ヒトラーと側近たちをおちょくっているのですが、ハンパじゃあ、ありません。痛烈で痛快です。
歴史を忠実に描くだけでは“真実”に迫れない場合もあります。そのいい例だと思います。
そしてあの思いもよらないラスト!
これまでのコメディがトラジェディーへと反転するのです。その分、心にくるよね。
ヒトラー映画でこんな洒脱な作品を作ってしまう監督に脱帽です。

※うわ~ん、ようやくアップできましたあああああああsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

『Perrier's Bounty』マカボン君⇒キリアン君?

キリアン君ファンサイトさんからの情報です。

Ian Fitzgibbon監督『Perrier's Bounty』のインタビュー記事でキャストにキリアン君の名前があがっております。
http://www.iftn.ie/?act1=record&only=1&aid=73&rid=4281597&tpl=archnews
最初キリアン君で、キリアン君からマカボン君に主役がチェンジした噂が流れ、マカボン君は奥さん@Anne-Marie Duffさんと夫婦共演を囁かれましたが、結局キリアン君に落ち着いたのかしらん。

マカボン君、このプロジェクトに食指動かなくなったらしい??
その代わりのキリアン君って…素直に喜んでいいのかなぁthink…うん、喜ぼ~っとhappy01

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

MBV 3-Dスチール/超自然兄弟#4プロモ/#3.07ネタ~サムの正体

今回はジェンセン君三本立てです。

one『My Bloody Valentine 3-D』スチールより

My_bloody_valentine_3d

タイトルどおり血だらけですぅwobbly

two超自然兄弟シーズン4プロモーション画像より

Sn4promo1

シーズン4エピソード4『Metamorphosis』は今後の展開に欠かせないエピだったなあ。
兄ちゃんの弟クンに対する怒り方、激しければ激しいほど切なさが比例するにゃー。

three超自然兄弟シーズン3エピソード7『Fresh Blood』より(この弟クン怖かったよーcoldsweats02

タイトル:サムの正体
Sn307_gagmanga

うん、ホント、誰も知らんって!!

むかしむかし『○ビルマン』って漫画がありまして、悪魔絡みの弟クンはこの漫画を思い起こさせるのです。
パロったのはTVアニメの方ですが、これは再放送をみた記憶があるくらい。
もう分別つく年齢になって原作を読んだんですが…原作のラストは衝撃受けました。(TVアニメと全然違うんだもん!!)
傑作です。凄いです。怖いです。


シーズン3エピソード7~12は結構エグいシーン多かったかなあ。
エピソード12『Jus in Bello』悪魔のニューリーダー登場でこれからどうなるのかなあ~って、残すはあと4話です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

Edge極唾モノのキリアン君2~映像編

キーラさんとのベッド・シーン映像です。
あっつ、○首丸出しじゃん!載せちゃったけど、まずかったかなあ(;´▽`A``



この声、耳元で囁かれた日にゃ、アナタ、昇天しちゃいますって!!
私ってキリアン君の後頭部の形が好きなんだわ~と改めて思いましたデス、はい。
あと、肩から腕も好きだなあ…
でもって、この髪型いいなあ…
やっぱ、横顔のラインも好きなんだよね…

勝手にやってろ~ですねsweat02
しかしキーラさんのトップレス…あるイミすごいわ…coldsweats02

※h様、情報提供ありがとうございましたhappy01

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

GSG-9 Konnyたん追悼特集(後編)/おまけ:ホームレスポーランド人画像

Konnyたん追悼特集の後編は“あれ”から10週間後という設定で4ページ漫画を描きました。
そういうシチュエーションもあってもよかろう位の軽いノリでお付き合いくださればと思います。

タイトル:『10 Weeks Later』

Gsg9_comic1

Gsg9_comic2_2

Gsg9_comic3_2

Gsg9_comic4_2

つづく…なんです。
そうなんです、完結してないんです。ヒンシュクangry
ですよね…coldsweats01

これがKonnyたんかどうか?
どなたか続きをお願いしたいですうぅsweat01

すごい他力本願だーーーpunch

あと、コマとコマ、ページ跨ぎが描写不足で繋がってないんですよね。
もっと上手い具合に描ければ…despair

ちょっとだけ製作ウラ話をいたしますね。
小説にするか、漫画にするか迷ったんですが、初志貫徹しました。
ってかKonnyたんが描きたかったんですね。ついでに完徹です

最初はですね、PetraとGebがちょっと良い感じになって…って始まりだったんですよ。タイトルにもイミありです。
これを描くと話が膨らんで枚数がとんでもなくなりそうなんで、途中だけど含みのある(後にどうにでもできる)終わり方にしました。←ホントはだめよね、こういうのわ。
もしかしたら続き描くかもしれません。
でも究極の自己満ですから、自分の中で完結させるのがいいのかもしれないなあ~と思ってます。
ってか、こんなん描くのアタシだけだわーーー!!
あともうひとつ大きいのが気持ちの整理整頓ですね。ホント、こんなハンパな作品載せちゃってごめんなさい…^^;

おまけ:『Zwei arme polnisch sprechende Rumänen』画像
Zwei_arme_polnisch_sprechende_rumne
想像するにプレス用なのかしらん。
いいなあ、ピーチ男はんのキメ顔。

以下、つぶやきです。

以前『GSG-9』シーズン3の情報を調べてみる、なんて大それた事をココで明文化しちゃいましたが、今もってわかりません。ごめんなさいです。
この時期にキー局サイトで何も出てこないということは…望み薄ですかしらん。

でもさ、Konnyたん出ないしなあ~ってコレばっかでごめんなさい。
あとFernsehserien.deさんのGSG9ファンコメントでは続編(シーズン3)ない書きっぷりを目にしました。
(続編について私と同じ考え@妄想?の人がいて思わずsmileしちゃったけど。) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

Geb×Demi恋人たちのディスタンス?~GSG-9劇場~

まずはお詫びから。

ごめんなさいっつ!!

予定していた『Konnyたん追悼特集(後編)』は今回(sign01)間に合いませんでした。
だって超自然兄弟記事とイラストがすんごい時間くっちゃったんですもん。←完徹しちゃったのよおおお~~(T_T)
それに、内容が詰めきれてないのもおっきな理由です。←本当はコッチだな。
1ページ漫画のつもりが収まらない…( ̄Д ̄;;
すみません、もうしばらくお時間くださいませ。

その代わりと言っては何ですが、前から考えていた(←そうなんです!!)GebはんとDemiやんショートネタをお届けいたします。

Geb_demi

シリアスなシーンぶち壊しですね…coldsweats01
だってこの2人可笑しい(ってかアヤシイ)んだもん。

やっぱりKonnyたんの画像ないと寂しいので載せちゃう。
Gsg9_folge08_30_500_404_sat1
#1.06“Niemandsland”より。
シーズン1のKonnyたんはそれはそれは美しゅうございました。
シーズン2は逃亡生活のせいかやつれたのでわ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【業務連絡】東京国際映画祭とドイツ映画祭

関係者各位←誰やねん!!

いつもお世話になっております。
東京国際映画祭は『ブーリン家の姉妹』、ドイツ映画祭は『クラバート - 謎の黒魔術』と『耳のないウサギ』に行きます。
というコトで、10月31日は15時に退社させていただきます。
以上、よろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

超自然兄弟シーズン4エピ1~3妄想+イラスト~※ネタバレあり

超自然兄弟を動画サイトで#4.01~#4.03まで観た訳ですが、字幕ないんで想像+妄想です。

#4.01“Lazarus Rising”で兄ちゃんが墓から出てきちゃうのに驚きました(土葬済みやで!!)が、#4.03“In the Beginning ”は興味深かったです。
全ての始まりは、Mary母ちゃん(なんつう呼び方じゃ^^;)側にあった訳でして…sad
シーズン4は旧約聖書のHarmagedōn(Armageddon)になるのかなあ??と勝手に思い込んでます。(神は“高みの見物”かなあ?)

今のところアタシ的にキーパーソンは新しいキャラCastielかなあ。
Castiel
このアクターさん、結構好みよん。
あ、それはさておき“天使”なんですよね?なんでコート姿(笑)
兄ちゃんだけに接触するには理由があるはず。
弟クンはRubyとつるんでるし。弟クンはダーク・サイドに堕ちるのかしらん??
シーズン2で父ちゃんが兄ちゃんに、弟クンが堕ちたら殺せって言ってましたよね。
兄弟対決とかになっちゃうのかなあ。
(多分、シチュエーションとして対決はあっても結果的にはならないはず。←ドキッパリ!)

まあ、そんな妄想に任せて描いたのがこの一枚。
(超自然兄弟描いたの、久しぶりだあ!)
超自然兄弟イラスト
これでも、ものすごっつう時間かかったデス。
特に兄ちゃんの翼!!何度もトレースし直しでほぼ悲鳴です。
(おかげで予定記事@Konnyたん追悼特集にたどり着けない~涙)

ホント、これからシーズン4どうなっちゃうんでしょうね。
最初はcoldsweats01って感じでしたが、観出すと気になるよねえ。
シーズン3DVDと平行して観てるので頭がごっちゃになっちゃうんですが、繋がりが見えてかえってよかったかも(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

超自然兄弟シーズン3エピ1~6の感想

ようやく観ました。
シーズン3はシーズン2で地獄の門から放たれたDemonとの対決がメインですが、余命1年となった兄ちゃんの運命は如何に…が大きな見所ですよね。(アタシ的にはコッチがメインですうhappy01
以下、アットランダムな感想です。

#3.05“Bedtime Stories”より
Sn305bedtmestories
やっぱね、辛いよ、弟クンとしては。
自分の命と引換えに兄ちゃんが犠牲になるんだもんね。
それが一番わかってるのは、かつて同じように父ちゃんに救われた兄ちゃんなんだけどさ。
うん、やるだろうと思ったよ、Crossroad Demonの接触。
温厚な弟クンが冷徹な一面を覗かせたシーンでもありました。
兄ちゃんのためならえんやこ~ら…なんちて。

SN#3.01“The Magnificent Seven”より
Sn301themagnificentseven
シーズン3から加わった謎の美女Ruby、その正体はDemonっした。
しかもめっちゃ強いやんかー!
弟クンに絡んできます。他のDemonとは違うと本人言ってますが、目的は何でしょうね。
弟クンに語った言葉-Yellow Eyed Demonの後継者-これポイント高いっすね。(シーズン4への伏線か?)

SN#3.03“Bad Day at Black Rock”より
Sn303baddayatblackrock
もう一人、シーズン3から加わった謎の美女Bela、その正体は常に上から目線の“峯不二子”(笑)
こっちは兄ちゃん絡みです。
でもさーフツウ、イキナリ銃で撃つか~~!!
何かトラウマ抱えているようだけど、それ理由にならないもんね。
この回の弟クンは踏んだりけったりでしたね。
ドジった弟クンの表情、カワイかったな。

SN#3.02“The Kids Are Alright”より
Sn302thekidsarealright
あ、もう、これは何も言うコトはないかなあ。
このツーショットいいよねえ。
兄ちゃん、(自分の子じゃなくって)安心した反面ガッカリしたんだろうね。

SN#3.06“Red Sky at Morning”より
Sn306redskyatmorning1
兄ちゃん、決まってるよ~ん。(この画像2度目かもsweat02)
Ms. Caseの猛烈アプローチに対する弟クンの困り果てた表情が笑えました。
やっぱBelaって好きになれないキャラだなあ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

Edge極唾モノのキリアン君

10月27日にUKで『The Edge of Love』DVDリリースされます。
新しいスチール写真をゲッチュしてきましたあ。

Eolstill12

Eolstill13

おおおうううううう~~~heart04

これよ、これっつ!!
切なさ超ド級な表情ですうううう。で、あの声でしょ。
『麦の穂~』彷彿させます。

DVDリリース後、どこぞの誰かが動画サイトに分割アップするんじゃないかなあ…と期待…confident
でも、ちゃんとしたスクリーンで観たいよねえ…think

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »