« 超自然兄弟#4.09、10レビュー&濡れ場シーン動画 | トップページ | Edgeのキリアン君イラスト »

2008年11月24日 (月)

『BOY A』(原題:Boy A)

少年犯罪で10年間施設に隔離されていた青年が保釈の時を向かえるところから物語は始まる。
彼はこれまでの名前を捨てて“ジャック”として生き直すのだ。
彼をサポートするのは、ソーシャルワーカーの中年男性テリー。
Boy_a_still2

ジャックの新しい職場は運送会社。
ペアを組むクリスとは日を追うごとに親しくなり、職場の女性ミシェルともいい関係に。
順風満帆の日々を送るジャックだが“偽りの自分”でいる事に苦しむのだった。
Boy_a_still4

そんなある日、配送の途中で事故にあった車を発見し、幼い少女を救う。
地元の新聞紙に取り上げられ、英雄扱いにされるクリスとジャック。
しかし、ジャックにとってこの事は思わぬ方向へと進んでいくのだった…。
Boy_a_still3

観終わった直後、言葉が出ませんでした。
心に棘が刺さったような痛みを感じました。
そこには偽善なんて入り込む余地も無い厳しい“現実”がありました。
罪を償ったからといってその罪が消えるわけではない、という事でしょうか…。

“あなたなら赦せますか?”
“先入観なしに人を判断できますか?”
そんな問いかけを突きつけられたような気持ちになりました。
重いテーマです。

ひとつ、ジャックが少年時代に犯した罪に対してどう感じているのか描かれていなかったのが気になりました。
演出上の問題でしょうか。ここは原作(日本で未だ出てないですよね…?)と比べたい点です。
少年時代といえば、子役フィリップが上手いんだわー。

キャスト、素晴らしかったです。
ジャックのアンドリュー・ガーフィールド君の起用は大きかったですね。
屈託の無い笑顔の裏に秘められた暗い過去との葛藤を繊細に演じてました。
追い詰められ足を引きずるシーンが…もう…weep

テリーのピーター・ミュランさん。
ジャックを見守る温かい視線はほっとさせます。
他所の子供に入れあげ実の息子とは上手くいかず…という役どころも見事な演技でした。

ミシェルのケイティ・リオンズさん、最初sign02って思ったけど、この包容力は納得。
母性を感じさせる女性がジャックにはピッタリ(笑)
だけど強いっすsweat02

クリスのショーン・エヴァンス君、こういう奴いるよね~ってカンジですが、存在感ありました。
『フローズン・タイム』も主人公の親友役で、コチラは水かけられっぱなしのおもろい兄ちゃん。
おまけということで『Being Julia』(2004)より。
Beingjulia_shaun_evans
うん、ちょっとぉ~いいじゃんheart01

しかし、イギリスって若手俳優さんの層厚いわあ…confident

|

« 超自然兄弟#4.09、10レビュー&濡れ場シーン動画 | トップページ | Edgeのキリアン君イラスト »

ネタばれ映画鑑賞」カテゴリの記事

気になるナイスガイ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
火曜日の朝、パソコンが壊れてしまって、ハードはかなりの金額をかけて復旧させない限りだめになりましたdown
凹んでます(涙)
(一部は外付けハードに保存済みでしたが、私的にイタイものが多々‥詰めが甘かった・萎)
ケイタイからも来れるけど、今はノートPC使わせてもらってお邪魔してます。(でもなんかいろいろ不便だ~)

‥と、余談が長くなりましたが‥

BOY A、これは観たいなーと、すごく興味は湧いているのだけど、私的にこの題材は なんか心の琴線にピリピリとすごくキツそうな気がして、ちょっと躊躇もしてます(いくじなしです~)
なんか 神戸の少年の事件とか思い浮かべちゃいそうで。
ちなみにかつてのあの少年、ちょっと前には、うちの近隣でひっそり社会復帰してると噂もあったりして、なんか被害者・加害者どちらもの側からいろいろ考えちゃって、それだけでもへんに複雑なつらい気分になったくらいで。。。

でも監督含め、惹かれる要素はいっぱいですよね~。

2008/11/28

投稿: hagi | 2008年11月28日 (金) 09時47分

>hagi様

こんばんは!
パソコン、大変な事になってたのですね。
壊れてしまった場合は修理するより買った方が安くあがったりしますよね。とはいえ、イタイですよね。
近頃はすぐ新製品が出てその部品がなかったりしますしね。
ECOとか言いつつ、矛盾してますよね。
どうかお気を落とされませんように。

『BOY A』は確かに重いしシンドイんですが、自分が思っていたのと違ったラストだったので、いい意味で裏切られた感がしました。
登場人物の心の動き、無理なくリアルに感じます。それでより現実味が増すんですね。(役者さんの演技もすごいですから。)
もちろん琴線きましたよ~。

私も神戸の事件を思い浮かべてしまいました。
自分が関わった立場だったら厳しいですよね。

hagiさんの仰るとおりそれぞれの立場で考えさせられます。
映画の主人公の場合、好青年を絵に描いたようなんです。
元々悪い子ではなかったんですね。だからといって彼に全く責任が無いわけではないし(この点を私は強調したいかな)、過去が消えるわけではないんです。

そして、自分だったら彼を受け入れられるだろうか?
理想は掲げられるかもしれないけど、現実としてはどうだろう…。
心情面でついて行けるだろうか…。
う~ん…。

投稿: 潮風 | 2008年11月29日 (土) 03時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397343/25399270

この記事へのトラックバック一覧です: 『BOY A』(原題:Boy A):

« 超自然兄弟#4.09、10レビュー&濡れ場シーン動画 | トップページ | Edgeのキリアン君イラスト »