« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

GSG-9番外劇場『優しい男たち』/ピーチ男はん@Pちゃん動向

oneGSG-9番外劇場『優しい男たち』

Konnyたん、容姿といい、体型といい、他のメンツと比べて異質よね~って友人が言うんです。

Gsg9_1_cast
はい、浮いてます!

エピの中でこのネタ使われてましたから(警官らしくないとか)、製作サイドは最初っから狙っていたんでしょうね。
アタシ、見事に術中にハマったわーscissors

Konnyたん、特撮戦隊モノでいえば紅一点のキャラですね。
そう、紅一点はモテモテなのです。
な~感覚で作ったのがこれ。

タイトル『優しい男たち』~#2.11『遺言』より
Gsg9_gag20081130
Frankクンにこのまま運ばれれば死なずにすんだかも?

キリアン君に続くお姫様だっこシリーズだったりする(笑)
次の犠牲者は誰だ?
やっぱりアタシ病んでるわー(^-^;


twoピーチ男はん@Pちゃん動向

12月中旬からドイツで『Die Patin』TVシリーズ3回がオンエアされます。
同時期にDVDリリースしちゃうんですね。←ポチってしまった。
情報疎いんで、これからのスケジュールとか知らないんですが、年末にホームレス・ポーランド人舞台とラジオのお仕事入ってるっぽいです。違ったかな?
(ラジオはコンスタントに出てるのね。レギュラーなのかしらん。)

Audiq5premiere20081101_2後は…プレミアやイベントに出没しそうな気がします、2人揃って(笑)
これは11月1日にベルリンで行われた“Audi Q5 premiere”でのツーショです。どのショットも同じに見えるよ~(笑)
こういった画像観ると“Pちゃん”ってカンジよね。
“ピーチ男はん”って言いにくし、使い分けで“Pちゃん”って呼んじゃお~っと。もう呼んでたりするぅ(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

GAP2008のBenちゃん2

今度は、ほっこりほっこり茶系だよ~note

Gap_winter2008_1

Gap_winter2008_2

なに、そのdog目線のおねだりポーズわ~heart01

角笛cdやっぱり買っちゃったデス。
今度ゆっくり鑑賞なくてわ~sign01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

ピーチ男はん過去作イラスト+出演作ピックアップ動画(※2009年1月3日追記あり)

今回Konnyたんはお休み。
ちょっとは休暇あげなくちゃね。って、アタシも休暇欲しいじょー。

Matreus_eric_illust20081124

まあ、今更感もありますが、ピーチ男はん動画載せときます。

こう観るとですね、目の演技が細かいんですね。
eyeきょろきょろしちょるー。
この中のフェンシング・シーンはheart02モンですっつ!!
いいよね、ロン毛振り乱し~の…
筋肉質の体型がそそるんだってばー
happy02

以下、2009年1月3日追記です。
この動画を久々にチェキしたらユーザ削除されてました。なんでですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Edgeのキリアン君イラスト

久々に描きました。
Edgeoflove_cillian_illust20081124
やっぱね、この表情よねー。
似てないけどさー。
シャツの皺も好きだなー。本人と関係ないけどさー。

キリアン君って“夏の海”より“冬の海”が似合うわーconfident
ってか“夏の海”が似合わないわーcoldsweats01
根本的に“海”ってイメージじゃないわー(笑)

早く次(『Peacock』かな)観たいよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『BOY A』(原題:Boy A)

少年犯罪で10年間施設に隔離されていた青年が保釈の時を向かえるところから物語は始まる。
彼はこれまでの名前を捨てて“ジャック”として生き直すのだ。
彼をサポートするのは、ソーシャルワーカーの中年男性テリー。
Boy_a_still2

ジャックの新しい職場は運送会社。
ペアを組むクリスとは日を追うごとに親しくなり、職場の女性ミシェルともいい関係に。
順風満帆の日々を送るジャックだが“偽りの自分”でいる事に苦しむのだった。
Boy_a_still4

そんなある日、配送の途中で事故にあった車を発見し、幼い少女を救う。
地元の新聞紙に取り上げられ、英雄扱いにされるクリスとジャック。
しかし、ジャックにとってこの事は思わぬ方向へと進んでいくのだった…。
Boy_a_still3

観終わった直後、言葉が出ませんでした。
心に棘が刺さったような痛みを感じました。
そこには偽善なんて入り込む余地も無い厳しい“現実”がありました。
罪を償ったからといってその罪が消えるわけではない、という事でしょうか…。

“あなたなら赦せますか?”
“先入観なしに人を判断できますか?”
そんな問いかけを突きつけられたような気持ちになりました。
重いテーマです。

ひとつ、ジャックが少年時代に犯した罪に対してどう感じているのか描かれていなかったのが気になりました。
演出上の問題でしょうか。ここは原作(日本で未だ出てないですよね…?)と比べたい点です。
少年時代といえば、子役フィリップが上手いんだわー。

キャスト、素晴らしかったです。
ジャックのアンドリュー・ガーフィールド君の起用は大きかったですね。
屈託の無い笑顔の裏に秘められた暗い過去との葛藤を繊細に演じてました。
追い詰められ足を引きずるシーンが…もう…weep

テリーのピーター・ミュランさん。
ジャックを見守る温かい視線はほっとさせます。
他所の子供に入れあげ実の息子とは上手くいかず…という役どころも見事な演技でした。

ミシェルのケイティ・リオンズさん、最初sign02って思ったけど、この包容力は納得。
母性を感じさせる女性がジャックにはピッタリ(笑)
だけど強いっすsweat02

クリスのショーン・エヴァンス君、こういう奴いるよね~ってカンジですが、存在感ありました。
『フローズン・タイム』も主人公の親友役で、コチラは水かけられっぱなしのおもろい兄ちゃん。
おまけということで『Being Julia』(2004)より。
Beingjulia_shaun_evans
うん、ちょっとぉ~いいじゃんheart01

しかし、イギリスって若手俳優さんの層厚いわあ…confident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

超自然兄弟#4.09、10レビュー&濡れ場シーン動画

シーズン4エピ9"I Know What You Did Last Summer"とエピ10“Heaven and Hell”は前編、後編というスタイルで、対(弟エピと兄エピ、悪魔VS天使、で…女絡みも!)になってました。

天使の声を聞けるというAnnaを悪魔Alastairから守るために兄弟はRubyと共に立ち向かうが、そこに天使CastielとUrielが現れて…ってな話。
核心を小出しに刻んできた感の内容でシーズン4で放映された中で一番面白かったな。
何を言っているのかわかんない部分がほどんとだけどね~coldsweats01

悪魔に狙われるAnna(エピ9より)
Sn409_anna_3
その正体は意外なもの。
彗星に乗って?やってくるなんて『スターダスト』みたい。
あのっつ、もう一つケンタッキーに落ちた彗星って??


まるで女教師Ruby(エピ9より)
Sn409_ruby
兄ちゃんのいない4ヵ月、いろんなイミで弟クンを導きました。
エピ10の拷問シーンはサービスかしらん。

悪魔Alastair(エピ9より)
Sn409_alastair
兄ちゃんとは地獄で“馴染み”だったそうだ。
紳士ぶったところが一段と不気味。

天使CastielとUriel (エピ9より)
Sn409_2
好きだすねん、Castiel~confident
Alastairとの対決シーンは美味しかった!!
↑おいおい、Urielへのコメントは??

お決まりのエンディングシーン(エピ10より)
Sn410_0 
お疲れ~ってカンジですね。
この後、決して語ろうとしなかった地獄の4ヶ月を兄ちゃんが口にするのです。
Sn410_2
辛そうな兄ちゃん、背後の弟クンも辛そうだ。
Sn410_1
あう~嗚咽に~crying

兄ちゃんの独白、だいたいこんなカンジだと思います。
(※すごい間違っているかもです)
現世界の4ヶ月は地獄では40年くらい。
吊るされたまま切り刻まれては再生するという拷問の繰り返し。
Alastairは地獄を抜け出ための交換条件?を申し出る。
30年後に兄ちゃんはついに耐え切れず…
兄ちゃんの涙は、地獄の辛さか犠牲となった魂への贖罪か…。(両方かしらん。)


では、兄弟濡れ場動画どうぞ!
エピ9の弟クンとRuby


エピ10の兄ちゃんとAnna

兄ちゃんの背中がキレイだーshine

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

JakeたんET『Prince of Persia』インタビュー動画

これまで画像は何度か目にしたけれど、動画は初お目見えです。



Jakeたんのお茶目ぶりは相変わらずですが、すっかり逞しくなっちゃって…
もう子犬じゃないね。

関連記事はコチラにございます。

シャツレスのためにジム通いで5ポンド(2キロ)筋肉増量したそうですが、それ以上アップしたように見えますね~。
この中に“次の5月公開”ってあるんですが、IMDbでは2010年になってます。ホントはいつなの??
来年なの?再来年なの?はっきりしてよーん。

某様
ネタ横流しさせていただきました。


やっぱ王子に見えないっつ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Steveクン『Exquisite Corpse』情報/『Buried Alive』動画

2~3日前にIMDbさんのSteveクンFilmographyに『Exquisite Corpse』がアップされておりました。知らんかった。
現在post‐productionで2009年公開。ジャンルはホラー。直訳すると“見事な死体”です。
『Buried Alive』(←直訳すると“生き埋め”)と似たようなのかしら。
あ、でも主役みたいなのね。
しかしですね、ネットに情報がひっかからないのはある意味怖い(Horror)かも。
それとも私見逃してますか??

ホラー繋がりというコトで『Buried Alive』動画をアップしておきま~す。
※ちょっとだけ過激なシーンございます。



やっぱ関連動画にGオンパレードだわ…coldsweats01
これって外せないのかしらん。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

キリアン君『Perrier's Bounty』ロケショット

Perriersbounty11月12日アイルランド東海岸(Clogherhead)でのロケシーンです。小さくてよくわかんないね。
もうちょっとしたら色んな画像出てくるかな。

映画は、暴力団の事故死をめぐる復讐と逃走劇でコメディスリラーとあります。
キリアン君はどうみたって追いかけられる(逃げる)方よね。

元ネタはコチラです。
↑記事でキリアン君について“小さくて痩せていて非常にハンサム。彼は力強い声で誰をも魅了する云々(意訳)”ってありました。
めちゃ誉めてますねー
happy01

そのうちキリアン君でイラスト描こうと思います。ご無沙汰してるんで…coldsweats01
(前にも書いたけど)ホントよく働くわぁ、キリアン君…confident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

GSG-9番外劇場Geb×Konny/『Die Patin』DVD情報/若いピーチ男はん

oneGSG-9番外劇場Geb×Konny

以前書いた『疑惑の芽』のギワク~GSG-9#2.02~とは違ったギワク?(ちゃうちゃう)です。
というコトで同じエピから。
※一部台詞は変えてあります。

Geb_konny
実は最初に観た時からネタにあったー(^^ゞ

②『Die Patin』DVD情報

ピーチ男はんご出演 TVミニシリーズがDVD化されます。
http://film.the-fan.net/?titel=23379
上記のサイトによれば12月発売とありますね。
円高だしチャンスかも。またレート変わるかもしれないけどね。
密林独でポチってきま~す!!って、まだ前にオーダした分観てないわ…sweat02

③若いピーチ男はん

1999年『Sonnenallee』の公式サイトにチラっと動画で出てきます。
http://www.sonnenallee.de/
Filmsequenzenでピーチ男はんの名前をクリックしてみてください。
YOUTUBEでこの役のピーチ男はんをちらっと観たことありますが、思いっきり軽いっすね。

自分、ホント、Konnyたんネタよく続くもんだわ。ちと空しいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

青い東京タワー

会社から出たら東京タワーのライトアップが青かったんです。
帰宅後調べたら、11月14日は「世界糖尿病デー」というコトで、東京都庁など国内約50カ所の建造物が青くライトアップされたとありました。世界では国連本部、ピラミッドなど約1000カ所にのぼるそう。

以下Yahooさんのニュースより。
11月14日は、1921年に血糖値を調節するホルモン「インスリン」を発見したカナダ人医師、フレデリック・バンティングの誕生日。国連は06年、糖尿病対策に積極的に取り組む決議を採択し、この日を世界糖尿病デーと定めた。青は運動のシンボルカラーで、世界をつなぐ青空などを意味する。

みんな写メ撮っていたので、私もつい…
Ca390029
ちなみに左のぼやけて写っている建物が私の勤務先です。
絶景ロケーションなので時々ドラマのロケがあります。

関係ないんですが、昨日はビルの防災訓練がありました。
避難訓練を行い、25階から階段降りるのに10分かかりました。
今日は足がちょっと痛いです。明日はもっと痛いかもです^^;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

GAPのBenちゃんインタビュー動画


かわいいやんかーheart04

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年11月12日 (水)

観たい映画『BOY A 』(11月15日公開)

Boy_a
『ダブリン上等!』のジョン・クローリー監督って聞いただけでもそそるんですが、青年の再生ストーリーというテーマがめっちゃ私好み。

TR張っておきます。


日本の公式サイトにもTRあります。

主役のアンドリュー・ガーフィールド君の表情が切なくってよさげだわ~confident
『ブーリン家~』にも出てたって…どこでせうsweat02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

寒くなりました

この土日は急に冬になったような寒さでした。
絶対風邪をひかない!(←本当にひかないんです。)
と豪語しておった私ですが、ちょっと喉痛いかも…。気のせいでありますように。
皆様、ご自愛くださいませ。

さて、ようやく『ステート・オブ・プレイ~陰謀の構図~』観始めました。
某様、ありがとうございます!!
マカボン君、ちょっと若いだけで今とあんまり変わらないですね。
舌ぺろぺろ、唇なめなめの回数が多いっす(笑)
もうちょっと観たら記事にアップします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

晩秋Konnyたんイラスト+ピーチ男はん黄金比~私困ってます

maple晩秋Konnyたんイラスト

Konnyたんの全身を描いてみたくなったのです。
どんな格好させようかな~と考えるのも楽しいのです。

誰かと待ち合わせかなっつ♪
Konny20081109illust
下絵から仕上げまで4時間かかってます。まだ早い方です。
彩色する時が一番好き。
服のしわとかブーツの紐とかちまちま描くのがたまらん。
嫌いなのはデッサン・下絵・トレース。絵心の基礎が無いんで難しいっす。


penピーチ男はん黄金比

黄金比とは…
人間にとって最も安定し、美しい-古代ギリシア以来「神の比」とまで呼ばれた-比率です。近似値は1:1.618、約5:8。

そして四角形の黄金比を黄金四角形といいます。
Golden_ratio_3
ダ・ヴィンチの『モナ・リザ』やミロのヴィーナスなどにも秘められている長方形です。

どっかで見たぞ…このライン…
ブロンド黄金比!
もう、無理やりだなあsweat01

Speedracer_germanpremiere28042008
2008年4月『スピード・レーサー』独プレミアより。
いや~ん、人差し指でひっかけてるう~happy02


そう、困ってます。止まんないから。
GSG-9も終わってネタも尽きてるのにね。
いっそこの場でネタ募集しちゃおうかなあ。

このまま暴走し続けるととんでもない方向に行きそうです。
もう行ってるかもだあ
wobbly
既に創作下準備中だし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超自然兄画像+壁紙/青いジェンセン君動画

oneリクエストにより超自然兄の画像をピックアップしてみました。

以前ブログで掲載したモノもありますが、携帯でも見れるサイズ(オリジナルはBMPのメガサイズ)にしておきました。

以下、シーズン2より
Sn2_jensen1
Sn2_jensen2
Sn2_jensen4 
Sn2_jensen5
以下、シーズン3より
Sn3_jensen
以下、シーズン4より
Sn4_jensen
※画像は個人の範囲でお楽しみくださいね。

two公式サイトの壁紙が雰囲気よかったので頂いてきました。

↓めちゃでかくなります。
Sn1280x1024

three青いジェンセン君動画

既にご覧になった方もいらっしゃると思います。
あまりに可愛くて美しかったんで掲載してしまった(^^ゞ


某様、情報ありがとうございました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

Benちゃん『Dorian Gray』劇場用ポスター

おおっつ!!出てきました♪
Doriangrayteaser1
Doriangrayteaser2
下のはなんか…妙な絵柄だす。アブナイだす。

Benちゃんって目元の切れ具合、ティモシー・ダルトンさん(お若い頃の)入ってるなあ~って…
ティモシー・ダルトンさん、コヨーテみたいだなあ~って…

前から思っていたコト、小さくつぶやいてみましたのさ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MBV 3-D TR/踊るJensen君

pen『My Bloody Valentine 3-D』TR

10月に動画サイトに出ていたのを見過ごしておりました。
だってイギリスとドイツとスペインのdogが…



今更ですが、これ3-Dなんですよね。
ってことは、Jensen君がスクリーンから飛び出してくるってこと?
いや~ん、捕まえちゃうぞ!!
↑考え違いしてます。

pen『Blonde』(2001年TVドラマ)より

Jensen君、女性モノ着物を羽織って踊ってます。



今から7年前ですかあ!若いっす。かわいいっす。
でもって美しいっすshine
パトリック・デンプシーさんはあまり変わってないです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

GAP2008のBenちゃん

ぬくぬくだよ。

Gap_winter2008
いいよねえ。
なんかほっとするのよ、キメ顔にちょっとだけユル顔入った微笑み。
癒されるわあ。


Benちゃん、GAP 2008 Holiday Collection「Winter Neutrals」のキャンペーンモデルの1人に選ばれました。
キャンペーンは一部店舗除いて11月11日スタート。
Benちゃん、日本バージョンのモデルではないのですが、そのうち画像・動画がいろいろ出てくると思うので楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

ドイツ映画祭2008『耳のないウサギ』(原題:Keinohrhasen)

小気味良いテンポに気の利いた台詞が散りばめられたロマンティック・ラブコメディです。

文句無く面白かった!!観客の反応もよかった。
エンドロールで拍手が起こりましたね。
ドイツの方にしかわからないツボがあるようで、ナニゲないシーンで笑い声ありました。
デートが魚料理で何で受けるんだろう?
そういう箇所もあるかもしれないけど、ノープロブレムですっ!
もう一回観たかったな。上映一回なんだもん。

Keinohrhasen
監督・主演のティル・シュバイガーさん、素晴らしい才能です。
細かい心理描写が良いんですね。
このシチュエーションでこうきたら、そりゃーみたいな。等身大なんです。

男性も女性も自分探しでもあるんですね。
自分を探し、相手を見つめ直す。
アンナの切ないシーン、私もちょっともらい泣きしてしまった。
終わり方は『裸足の女』でもそうだったんですが、男性が女性に添う形ですね。

動画サイトでみつけた関連作品。かわいさのあまり載せちゃいます。

ね、かわいいでしょ?



わ~い、ようやくドイツ映画祭アップ終わったよー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ映画祭2008『クラバート』(原題:Krabat)~来日ゲスト編~

10月31日(金)に観たのですが、上映後にティーチインがありました。

Krabat_20081031_1
右からウーリ・プッツさん(プロデューサー)、マルコ・クロイツパイントナーさん(監督)、ローベルト・シュタートローバー君(リュシュコ役)です。
撮影禁止って言われなかったし画像掲載しても大丈夫よね?

クロイツパイントナー監督若いです。まだ31歳ですって。しかも、カッコいいしオシャレ!!(客席をささっつとカメラで写してましたね^^)
プロデューサーのウーリ・プッツさんは第一線で活躍している貫禄が醸し出されてました。素敵な女性だなあ。

ローベルト君は“ドイツでは○ムタクみたいな大スター”と言われたのを通訳された時、顔がどんどん真っ赤になるほど照れていて可愛かったです。大スターに反応したんですね^^

ウーリ・プッツさんによると世界的に支持されているファンタジー作品の映画化版権を獲得するのに6年(8年だっけ?うろ覚え)かかったそうです。
クロイツパイントナー監督は更に監督になるまで競争があったわけで、そこまでして映画化を望んだ作品なんだそうです。

Krabat_20081031_2
クロイツパイントナー監督、質問する方がずっと立っていたのを見かねて“自分たちだけ座って申し訳ない。どうぞ座ってください”と促す一面も。紳士だわ。
しかし、この2人、似てませんか??兄弟みたい。

以下ネタばれしますので、小さい字にしておきます。

お堅い質問が多かったんですが、面白かったのは、原作とリュシュコの描き方が違っていた(映画ではラスト善になるんすが原作では悪のまま)そうで、どうしてか問われた監督さんの応えが興味深かったです。
“人間はいろんな面を持っているし、この時代に物語を語る場合、善悪を分けることできないと思うし、したくないと思った。それをどのように感じるかは皆さんに問いたい”とのことでした。
これを聞いて“勝てば官軍、負ければ賊軍”という言葉を思い出しました。結果だけではなく、捉え方によって善悪は違ってくるんです。


これでネタバレ終わりです。

Krabat_20081031_3
さて、このリュシュコ役のローベルト君、映画ではこんなです。
Krabat3
全然違うんですよ、雰囲気。
チラッとみえる赤い靴下がチャーミングでした。実物、彫りが深すぎですぅ。

で、実はローベルト君はあの『Sommersturm』のTobiなんですね。
Sommersturm
ね?
実はクロイツパイントナー監督なんだな、これが(笑)
ユーロ役のHanno Kofflerさん(すみません、カナ変換自信ないんでそのままです)も『Sommersturm』出てました。
監督としては気心知れた役者さん使われたのですね、きっと。

スペシャルサンクス!

画像提供していただいた某様
ネタ提供していただいた某様
この場をお借りして御礼させていただきます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ドイツ映画祭2008『クラバート』(原題:Krabat)~Tonda萌え編~

Krabat_danielbruhl

というコトで…
ブリュール君がよかったんです!!

Krabat_danielbruhl_illsut

以下、2007年夏のロケショットより。
撮影中も仲がよいのね…happy01
Krabat5
そして2人はこの後…
Krabat6
あらら…どこ行くの~っつ(くっつきすぎやで~!!)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ドイツ映画祭2008『クラバート』(原題:Krabat)~感想編~

Krabat_hauptplakat

原作は日本でもファンの多いO・プロイスラーのファンタジー作品として知られています。すみません、私は未読です。
その代わり原作に縛られる事無く映画の世界に入っていけたと思います。
あ、でも原作、後日読みます!!

Krabat_story

物語の時代背景が暗いので、とにかく全体的なトーンが暗いです。みな汚いし(笑)
変身シーン、飛翔シーン、祭りのシーン、映像美しかった。
戦いのシーンはストップモーション多用した手法が面白かったです。

ハリウッド的な派手さはなかったけど、物語は深みがあったと思います。
ハッピーエンドだけどラストの「何事にも犠牲はつきものだ…」これ哀しすぎました。
マルコ・クロイツパイントナー監督がティーチインの中で“現在の平和は戦争という犠牲の上に成り立っている”という意味合いの事を仰ったんです。
この映画(原作)のメッセージとして伝わってきます。
現代に生きる私たちは忘れがちだけど、歴史の犠牲や代償を踏まえて先に進んで行くべきなんだろうな。難しいけどね。

Krabat1
主人公クラバート役のダビッド(デービッドじゃないんだって?)君、主人公の成長と共にスクリーンでもカッコよくなっていった。
恋人役カントーカ(カントルカ?)役のパウラさんは『みえない雲』のヒロインでした。どちらも芯のしっかりした役。

Krabat2
職人頭トンダ役ブリュール君、好演です。
マジ、クラバートより台詞多かった(笑)
ブリュール君は別記事で語りまっせーscissors
来日ゲストによるティーチイン模様も画像と共に別記事でアップします。

そして最後に…
この作品が日本で上映されることを期待したいです。(キビシイかなあ…despair
お願いします、配給会社様~sign03

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ピーチ男はん『Vorzimmer zur Holle』情報/ドイツ映画祭2008におけるGSG9繋がり~私病んでます

oneピーチ男はん『Vorzimmer zur Holle』情報

ピーチ男はん、11月は『Vorzimmer zur Holle』というコメディドラマ撮影のようです。ヒロインの相手役かな?
11月1日から撮影開始で11月末完了、2009年春リリース予定とのこと。TVの単発なのかな?この辺よくわかんなかったけど。

元ネタ:
http://www.medienhandbuch.de/news/vorzimmer-zur-hoelle-drehstart-fuer-zdf-komoedie-mit-henriette-richter-roehl-in-berlin-17620.html
など多数

Dr. Phillip Richterという役なのですが、白衣とか着ちゃうのかな?
Dr.ってつくからそういうカッコするとは限らないけど、きっとこんなカンジよね~ってんで 『GSG 9』の前にゲスト出演した『Tatort』での白衣姿あったので載せておきます。

Fettkiller1
Fettkiller2
Fettkiller3
eyeglass萌えだす~heart04

twoドイツ映画祭2008におけるGSG9繋がり

ドイツ映画祭2008で『クラバート』と『耳のないウサギ』観たのですが、どっかで見た顔が…

Part1『クラバート』

Hanzo役Tom Wlaschihaさん、シーズン1エピ9の訓練生Wetting役です。
この方、『みえない雲』にも出てたのですが、出番少ない割りにイケメンだったんで覚えてました。

Die_wolke_tom_wlaschiha Gsg9_folge04_13_500_404_sat1
Krabat_tom_wlaschiha
左上:みえない雲、右上:GSG9(Tomさん、たぶん真ん中っす^^;)
下:クラバート

Tomさんは『Die Patin』にも出てます。IMDbではTomさんが2番クレジット、ピーチ男はん3番クレジット。

『みえない雲』といえば、ヒロインの相手Elmar役のFranz Dindaさん、同じくシーズン1エピ9の逆恨み訓練生Kurt役です!

Die_wolke_franz_dinda Gsg9_folge04_12_500_404_sat1
左:みえない雲(老けた高校生と当時突っ込みました)、右:GSG9

ここで脱線…
GSG9同じエピ画像も掲載してしまうのでした…coldsweats01

Gsg9_folge04_09_500_350_sat1
全員集合!でもGebはんの手の組み方が…座禅?

Gsg9_folge04_14_500_404_sat1
端っこでも存在感あり~!
Konnyたんのこの顔、dogっぽくって好きだすねんnote

Part2『耳のないウサギ』

ヒロインの友人Miriam役のAlwara Hofelsさん、シーズン1エピ12のKonnyたんに助けられる妹Elira役でした。
この映画では結構いいカンジで出てました。

4cf7371f5aea8c6b0835f7bcca29b2
インタビュー画像より。かわいいなあtulip

で、ビックリしたのがMatthiasさんと×××絡みで出てきたPetra役のFlorentine Lahmeさん!のけぞっちゃいました。
凄いです。Konnyたんとの濡れ場と重なる重なる(笑)
なるほど…なんか納得しちゃいまいた。

221_lahmec
↑これは映画とは関係ありません。(かなりイメージ近いけど…)目の色が特徴的ですね。女版キリアン君か(笑)
うん、こういう路線だったのね。
ドイツの役者さんって脱ぎっぷりいいっすね、男も女も(笑)

ちなみに『耳のないウサギ』ヒロインAnna役のNora Tschirnerさんは『FC Venus』のAnna役です。
ああ、なんだか世間って狭いわ~って思ってしまった一幕でした。

あっつ、そうそう、『耳のないウサギ』で何かの映画祭のレッドカーペットシーンがあったのですけど、ブリュール君もワンショット出てたんです。
その前に流れるような金髪shineがチラって(本当にチラッと)映った気がしたんですよ。
幻でしょうか…

ああ、アタシって哀しいくらいおバカ…

願わくばピーチ男はん、Tilさんの映画に出て欲しいなあ。ドイツ映画祭で上映する確立高いもん。
ああ、アタシってやっぱ病んでるわ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『ブーリン家の姉妹』(原題:The Other Boleyn Girl )~鑑賞編~

バナバナバ~ナ~、バ~ナ~note
(※ドナドナのメロディでどうぞ)

そうなのです、今回のバナ兄、王様なのです。
これが女優陣より衣装替え多くってしかもゴージャス。
体もゴージャスだから、衣装負けしないんです。
体躯がスクリーンいっぱいいっぱいに映し出され迫力あります。
というコトでバナ兄ファッションショー!!

Theotherboleyngirl2
実際ヘンリー8世は当時のファッションリーダー的な存在でもあったそうですし、時代考証ふまえての衣装でしょうね。

次に若手3人をピックアップ。

Theotherboleyngirl3

おまけでレッドメイン君もう一枚。

Theotherboleyngirl4
なんか爽やかオーラが…いや、合ってますって!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月 2日 (日)

『ブーリン家の姉妹』(原題:The Other Boleyn Girl )~感想編~

6世紀イングランド国王ヘンリー8世をめぐる姉妹の物語。
要するにですね、大奥なんです。
いかに男子出生(世継ぎを産むか)が女性に課せられた使命なのです。

Theotherboleyngirl1

姉アン役のナタリー・ポートマンさん、妹メアリー役のスカーレット・ヨハンソンさん、正反対の役柄がそのまま女優の個性(ナタリー・ポートマンさんは理詰めで物事を捉えるイメージ、スカーレット・ヨハンソさんは感性で振舞うイメージ)として引き出されていたと思います。
お互いぴったりかな。

姉の野心(かなり無茶してます)の結末があのラストですから、同情は沸きませんでした。
観る側として姉に感情移入できなかったけど、理性を失っていく様は痛々しかったです。

その一方、妹にはどのシーンでも気持ちが順応できました。
妹が仕合せになる事で後味の悪さは無くなりましたし…。
だから“The Other Boleyn Girl”なんでしょうか。

姉は悲劇に終わったけど、娘がエリザベス1世になったという点においては逆転勝ちなんですよね。

姉妹視点の描き方とはいえ、男ども(特に王様と姉妹の兄ちゃん)のへなちょこぶりが目立ちましたね。他にやる事ないんか~!

| | コメント (6) | トラックバック (11)

超自然兄弟#4プロモ②/#4.07カボチャ大王雑感

シーズン4プロモーション画像は以前1枚掲載しましたが、公式サイトにアップされていたのを全部掲載しておきます。

00528600c2a 0052862013c
005285909fc 005286100cc
00528630734 00528640341
00528650461

そしてエピ7 "It's The Great Pumpkin, Sam Winchester"を観たのですが…
以下小さくつぶやきます(笑)

大天使(アークエンジェル)ウリエル登場しました。
聖天使なのか堕天使なのか、教義によって捉え方正反対です。どっちなんだろ??
私は同じウリエルでも別の呼ばれ方-智天使(ケルビム)/熾天使(セラフィム)-のが好みなのよね…。
そのうち他の3天使(ミカエル、ラファエル、ガブリエル)も出てくるのかしらん。
兄ちゃんに一番見られたくところ見られちゃった弟クンに道を啓示してくれるんだろうか。
兄ちゃんとの関係、どうなっていくんだろう…
このネタで何かこさえようと思いますが、次回まわしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »