« Christopher Nolan's Inception Tokyo | トップページ | アントン君特集だよ! »

2009年6月21日 (日)

『ターミネーター4』(原題:Terminator Salvation)

『ターミネター』3部作に続く新シリーズ3部作の第1弾です。

人類滅亡を意味する“審判の日”から10年後の2018年を舞台に、30代となったジョン・コナーが人類軍の指導者となり、機械軍の支配する世界に立ち向かう…



観終わった直後、救いはある終わり方だけど、気が滅入りました。
マーカスに感情移入しながら観てしまったから。
当初、彼が主役だったんですよね。
なので、感想は彼メインになっちゃいます。

機械と人間、どちらでもあり、どらでもないマーカスの戦いは孤独そのもの。
彼は自分が何者かの応えを求めて彷徨う。
そして、セカンド・チャンス。
機械として生きるより、人間としての“死”を選んだ彼。
ジョンを救う=人類を救う…人間の時に犯した罪への贖罪ともとれる。

ただ、その前にジョンがマーカスを救ったワケでしょ?
マーカスの“申し出”を暗黙の了解で受け入れちゃうってどうよ!って思ったけど、自己犠牲という名の“尊厳死”なのかな。イマイチ割り切れない。

欲を言えば、マーカスの設定をもう少し掘り下げて欲しかった。
(ジョンが主役になった時点でカットされたのかもsweat02
“死刑囚”からくる(あくまで個人的な)イメージと、マーカスの言動にギャップ感じるんです。
だって、マーカスめちゃくちゃエエ男やん!優しいし。
(アタシの好みではないケド…^^;)

気が滅入ったのは、キャストのせいもあります。
ジョン@ベイルさん、頑張ってたのは認めます。
でも、ベイルさんって、外に発散するんじゃなく、内に内にと向かっていくタイプでしょ。修験者みたいに。
今回のマーカス@ワ~シントンさんもストイックなタイプでしょ。
W主役が似たようなタイプなのよね。暗くて重いのよ。
唯一、カイル@アントン君の無邪気なdogっぷりに救われた…もとい癒されました。ホント、カワイイっす。

で、最後に一言。
スカイネットに認識された時点でカイルが殺されなかったのは何故ですかああ????

次記事はアントン君特集だ~いっつscissors
って、ナニゲにカテゴリなってるし(笑)

|

« Christopher Nolan's Inception Tokyo | トップページ | アントン君特集だよ! »

ANTON YELCHIN」カテゴリの記事

ネタばれ映画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

小文字のところ・・これはイチイチ「○○」って出るので
鑑賞中にすっごく気になってしまいました。
次回以降納得つく説明がされるんでしょうかね?

ただ・・あの超ハイテンションの監督を見ちゃったせいで、
ちゃんと三部作が仕上がるのか?かなり不安です。
やっぱり2で完結で良かったのかもなぁ。

投稿: Moe | 2009年6月25日 (木) 03時17分

>Moe様

『T4』は展開の速さと迫力ある映像的で見応えありますが、ストーリーはざっぱな感じがしました。
なので満足度はイマイチです。
あの小文字で書いたところ、ひっかかりますよね。
あんだけやられたら。

監督の舞台挨拶大暴走はベイルさんがいなかったからと思われ(笑)
私も『T2』どまりでよかったのでわ?と思います。
特に『T3』のジョンってどうよ?!

投稿: 潮風 | 2009年6月25日 (木) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397343/30217955

この記事へのトラックバック一覧です: 『ターミネーター4』(原題:Terminator Salvation):

« Christopher Nolan's Inception Tokyo | トップページ | アントン君特集だよ! »