« プレイバック『キック・アス』『ゾンビランド』『ぼくのエリ 200歳の少女』 | トップページ | いつCas祭り42~S6エンディング妄想イラスト2“half-and-half” »

2011年3月27日 (日)

3月26日『ダークエイジ・ロマン 大聖堂 』最終回@第8回「終わりなき創造」観たよ

第4回からアップしてなかったので、イキナリ最終回ですね(^^ゞ
でも欠かさず観てました。

第1部(第1回~第4回 )から第2部(第5回~第8回)に進むにつれ、展開がどんどん早くなりましたね。
特に第8回はあれよあれよ~って感じで終わってしまいました。
あの原作をTVドラマの枠内に納めるには仕方ないかな。
いつか原作を読んでみようと思います。



いろいろあったけど(語りつくせない~confident
めでたしめでたしで終わったこの壮大なストーリー、最終回で印象深かったのが、それぞれが望みを叶えるために“私は何でもいたします”と言うシーン。
みな自分の欲望のため(私利私欲dollarcrownと生きるための希望shineという大きな違いはあるけれど)に動いている。
誰の望みが叶い、誰が失墜するのか?
ラストへのつなぎとしては面白い演出だった。原作どおりなのかな~think

この作品の魅力は登場人物に拠る所が大きいと思います。
それで総括っぽく登場人物へのコメントで締めくくっておきます。

Tom
圧倒的な存在感のエレン。さすが魔女。
前半のトムとエレンのspaは毎回これでもか!状態でした(笑)
後半はジャックとアリエナだけど。
ジャックがエレンとフランス人(しかも吟遊詩人だ!)の父親のハーフには見えんけど^^;

Prior_philip
聖人君子のようで実はしたたかなフィリップ院長。
聖堂のために困難から立ち上がる(打たれ強いぞ)姿は好感が持てる。

Bartholomew
バーソロミュー伯爵とアリエナ、リチャードの姉弟。
アリエナ逞しすぎ(笑)←いろんなイミで。
リチャードがどんどん男らしくなっていきましたねheart01

Waleran
ウェイルラン、濃いィです。
ひと目見ただけでクセモノってすぐわかるし。
言葉で人を操り、懐柔し、破滅させる。
なぜあそこまでってのが今一歩伝わらなかったのは、当時の宗教観を知らないとわからないのかな。

Hamleigh
ハムリー家のリーガンとウィリアムの母子。
この2人腐ってます(爆)
悪といえば悪なんだけど、周りに振り回されて踊らされて、哀れと言えば哀れかも。
ウィリアムの屈折率はツボでしたね。
リーガン役のサラ・パリッシュって『Merlin』S2“Beauty and the Beast”のLady Catrinaだあ!

他にもスティーブン王、Gの修道士レミジウス、トムの息子アルフレッド、モード。。。多彩なキャラがドラマを盛り上げておりました。

若手アクター、体張って(naked)頑張りました。
エディ君のつるんとしたお尻がキュートでしたわheart04
『大聖堂』については、エディ君メインで記事にするかも(しないかも?)しれません。

|

« プレイバック『キック・アス』『ゾンビランド』『ぼくのエリ 200歳の少女』 | トップページ | いつCas祭り42~S6エンディング妄想イラスト2“half-and-half” »

EDDIE REDMAYNE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397343/39383708

この記事へのトラックバック一覧です: 3月26日『ダークエイジ・ロマン 大聖堂 』最終回@第8回「終わりなき創造」観たよ:

« プレイバック『キック・アス』『ゾンビランド』『ぼくのエリ 200歳の少女』 | トップページ | いつCas祭り42~S6エンディング妄想イラスト2“half-and-half” »