« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月27日 (日)

いつCas祭り42~S6エンディング妄想イラスト2“half-and-half”

シーズン6のCasがどうなるかまたも妄想大会。

そもそも兄弟が対決する(と思われる)Mother of Allって何よ!
ドラゴンを手下に使っているから神話系なのかな。
ドラゴンは器@人間の姿にならない方が強いと思うんだけどな。

それはさておき、CasとMother of Allは何かあるらしい?
でも兄弟の敵はCasの敵なので一緒に闘うって事になるよね。
Casは兄のために(弟を救うためでも兄のため)に無茶するよね。
だってそれがCasだもん。

イラストはCasの“重大な選択”を妄想しました。

20110326_cas

Mother of Allの邪悪を受けてダークサイドに堕ちちゃうとか。
神が関与して中身は変わらないとか。
いい方にいい方に妄想してるかも。

早くCasに会いたいよう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

3月26日『ダークエイジ・ロマン 大聖堂 』最終回@第8回「終わりなき創造」観たよ

第4回からアップしてなかったので、イキナリ最終回ですね(^^ゞ
でも欠かさず観てました。

第1部(第1回~第4回 )から第2部(第5回~第8回)に進むにつれ、展開がどんどん早くなりましたね。
特に第8回はあれよあれよ~って感じで終わってしまいました。
あの原作をTVドラマの枠内に納めるには仕方ないかな。
いつか原作を読んでみようと思います。



いろいろあったけど(語りつくせない~confident
めでたしめでたしで終わったこの壮大なストーリー、最終回で印象深かったのが、それぞれが望みを叶えるために“私は何でもいたします”と言うシーン。
みな自分の欲望のため(私利私欲dollarcrownと生きるための希望shineという大きな違いはあるけれど)に動いている。
誰の望みが叶い、誰が失墜するのか?
ラストへのつなぎとしては面白い演出だった。原作どおりなのかな~think

この作品の魅力は登場人物に拠る所が大きいと思います。
それで総括っぽく登場人物へのコメントで締めくくっておきます。

Tom
圧倒的な存在感のエレン。さすが魔女。
前半のトムとエレンのspaは毎回これでもか!状態でした(笑)
後半はジャックとアリエナだけど。
ジャックがエレンとフランス人(しかも吟遊詩人だ!)の父親のハーフには見えんけど^^;

Prior_philip
聖人君子のようで実はしたたかなフィリップ院長。
聖堂のために困難から立ち上がる(打たれ強いぞ)姿は好感が持てる。

Bartholomew
バーソロミュー伯爵とアリエナ、リチャードの姉弟。
アリエナ逞しすぎ(笑)←いろんなイミで。
リチャードがどんどん男らしくなっていきましたねheart01

Waleran
ウェイルラン、濃いィです。
ひと目見ただけでクセモノってすぐわかるし。
言葉で人を操り、懐柔し、破滅させる。
なぜあそこまでってのが今一歩伝わらなかったのは、当時の宗教観を知らないとわからないのかな。

Hamleigh
ハムリー家のリーガンとウィリアムの母子。
この2人腐ってます(爆)
悪といえば悪なんだけど、周りに振り回されて踊らされて、哀れと言えば哀れかも。
ウィリアムの屈折率はツボでしたね。
リーガン役のサラ・パリッシュって『Merlin』S2“Beauty and the Beast”のLady Catrinaだあ!

他にもスティーブン王、Gの修道士レミジウス、トムの息子アルフレッド、モード。。。多彩なキャラがドラマを盛り上げておりました。

若手アクター、体張って(naked)頑張りました。
エディ君のつるんとしたお尻がキュートでしたわheart04
『大聖堂』については、エディ君メインで記事にするかも(しないかも?)しれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月21日 (月)

プレイバック『キック・アス』『ゾンビランド』『ぼくのエリ 200歳の少女』

ここ1ヶ月ばかりに観たcdから印象に残った3作品をサクサクっとご紹介。

movie『キック・アス』(原題:Kick-Ass)



この作品の魅力=ヒット・ガール@クロエ・モレッツに尽きるかな。
ちょっ『二キータ』とか『レオン』入ってません?
主人公であるはずのキック・アス@アーロン・ジョンソン(『幻影師アイゼンハイム』の美少年が~coldsweats02)はかなり情けないです。←そこが良いです。
ビッグ・ダディ@ニコラス・ケイジは脇に徹しながらしっかりと持ち味を出してました。
破天荒とシリアスが上手くミックスブレンドされた作品。脚本上手いなあ。
スカッとしたい方にオススメです。

movie『ゾンビランド』(原題:Zombieland)



こんな明るいゾンビ映画ってあるのかな。
『キック・アス』同様こちらの主人公コロンバス@ジェシー・アイゼンバーグも情けない系(笑)
彼が作った生き残るためのルール(結構姑息)は既存のゾンビ映画をひねっていてかなり笑える。
一緒に旅をする屈強なタラハシー@ウッディ・ハレルソン、したたか姉妹ウィチタ@エマ・ストーン、リトルロック@アビゲイル・ブレスリンのかけあいが絶妙。
そう、ゾンビを扱っているけど、実は自分探しの青春ロードムービーなんだよね。
何度も姉妹に騙される男2人が愛らしい。
温もりを求める方にオススメです。

movie『ぼくのエリ 200歳の少女』
(原題:Låt den rätte komma in/Let the right one in)



御伽噺や童話が実は残酷な話というのに似ている。
孤独な少年@オスカーとバンパイア@エリの哀しく美しい愛の物語。
ラストはハッピーエンドのようだが、2人に明るい未来が待っているとは思えない。
だけど不思議と透明感や清涼感が漂うのは何故だろう。
ギリギリのところで結びついた2人に邪心がないからかな。
バックに流れる音楽の旋律が映像のシーン、シーンを際立たせている。
クライマックスのエリ@リーナ・レアンデションのぞっとするほど美しい瞳が脳裏に焼きついて離れない。

蛇足ですが。。。
オスカーの父親(←Gかな?)がオトコマエでした。キャスト誰だろう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いつCas祭り41~お絵かき「シリアスCas」

久しぶりにいつCas祭り40でイラストを描いたらお絵かきモードが止まらなくなって、いたずら描きから起こしたのをアップしてしまった(^^ゞ

20110321_serious_cas
こういう険しい表情のCasが大好きなんだな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いつCas祭り40~Cas@S6エンディング妄想+兄/Casイラスト

超自然シーズン6フィナーレに向けてCas的大妄想大会です。
※ネタバレ含みます※

オンエア再開待ち状態って性質が悪いです。
今後のSpoilersが製作サイドから出てくるでしょ、小出しで。
ズバリなんか言うわけ無く、ヒント@キーワードでしょ。
この中途半端な情報で妄想が大暴走typhoonしちゃうんですね。

出てきたSpoilersで"two unexpected deaths"と"Cas has big choices"がヤバイ。
Casが神の武器を使うリスクから、死の選択が結びついちゃう。
(兄弟の死はあり得ないと思うけど、それが想定外かな。でやっぱり甦るんだあcoldsweats01

死といっても色んなイミがあるし、シーズン5"swan song"と同じpaperは使わないだろうから、天使としての死かなと。
(まさか本当の死?絶対許さないけどannoy

自ら天使を葬るなら翼切りとか。。。
最期に涙を流すとか。。。
そんな妄想にかられて描いたのがこのspaイラスト。

20110320_dean_cas
では天使を葬った後、人間になるのか?
シーズン5当初ではCasが神という設定もあったらしいので、神として再生するとか?
それとも兄弟(どっちか?)が神になるとか?←それヤだなあ。

こんなことばっか考えてる自分、ろくでもないですwobbly

| | コメント (4) | トラックバック (0)

超自然イベントvideo:PaleyFest 2011+S6ネタバレちょっと

すっかり出遅れました。
3月13日に行われたPaleyFest 2011のチェックはナニゲにしていたのです。
今更なので動画@公式のみアップしておきます。
↑要は手抜きだ(^^ゞ



元ネタ:
http://www.tvsquad.com/2011/03/14/paleyfest-2011-supernatural/

このイベントでもシーズン6の今後の展開に触れてますが、色んなところでspoiler出てきました。

※以下ネタバレあります※

Cas視点エピ(Cas子供時代happy02)、DeanとLisa、Ben絡みエピ、そしてラストエピは2時間スペシャルになるとか。
ラストエピはシーズン5同様、弟クン深刻エピになるのかな。

そして最大の関心事といえば。。。
誰かが(誰と誰が?)死ぬのか?
そしてまたまた甦ったりする??

シーズン7は公式発表ないけどありそう?
でもCasは。。。

うわ~ん、これじゃ去年の今頃と同じじゃんかーsad

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

少しずつ。。。

あの日を境に生活が一変しました。
一週間経ってまだまだ不安要素はいっぱいあるけど、ようやく気持ちが状況においついてきました。
記事更新していこうと思います。

しかし買いだめ、買占めはwobbly
会社帰りじゃ何も残ってないよweep

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

東北関東大震災

その日の夜、停電から復旧してつけたTVの映像に言葉が出ないくらいショックを受けました。
私は帰宅できず一晩会社に泊まっただけですんだけど、津波に町が飲み込まれる様子やコンビナートの火災を観てこの世の終わりがきたのじゃないかと目を疑いました。
仙台には知人もおり、父の故郷が福島(原発で避難している地域)ですから心配です。
まだ強い余震があり、こちら(神奈川)に大きな余震が来るとニュースで流れ怖いです。
特に家は海沿いの市(東海地震も危ないエリアに入ってる)なので津波には要注意です。

そして
被災地の方々、関係者の方々、謹んで震災のお見舞いを申し上げます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

いつCas祭り39~#6.15妄想イラスト“ぼく地球”

シーズン6エピ15“The French Mistake”は内輪ネタ出血大サービスでありました。
私的にはwobbly
Cas的にはバルたんhappy02

Cassieと(兄のCasに被せて)言うわ、spa視線送るわ(というより優しい眼差しだったねheart02)、Misha曰くCasの最初の相手がバルたんsign02

兄ってば先を越されたのかw(゚o゚)w
ま、Mishaの言う事ですからsweat01

でも、シーズン6エピ3の後ならそれアリかもconfident
などと真剣に妄想spaしたりする。

というコトで、バルたんCassieのslashイラストを描こうとしたけど、バルたんが全く似ないっつbearing
バルたん描きこなすまで相当かかりそうなのでこれ課題。

エピ15、Casは天国の武器(でいいのかな?)を手に入れるけど、バルたん曰く諸刃の剣らしい。
それを脳内妄想変換したイラストが↓

20110306_spn_cas
コンセプトは自らを犠牲にして兄(の世界=地球)を護るCas。
タイトルは例の漫画coldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »