男×男

2012年3月 4日 (日)

いつCas祭り76~Destiel妄想イラスト「Beyond the Stream of Time」

シーズン7のカムバックCas、出番はエピ16~18の3エピみたい?
たった3エピかあ。
ってことはあまり大きな期待はできないかな。

もう昔のCasには戻らないかも。
本質は変わってないと思うから
不器用がゆえに戻れないんだろうな。
それに贖罪背負っているし。

なんか哀しいよね。

イラストはシーズン6の覚悟を決めたCasが兄への想いをぶつけるシーンをイメージしました。
20120304_cas_dean_small

これを描いている時、何故か竹内まりや「時空の旅人」が頭に浮かんで、そんな雰囲気に仕上げてみました。
ああ、あのアニメも良かったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

超自然S7エピ16プロモ(削除御免)+大妄想Destiel-fic ※ネタバレだよね?

シーズン7エピ15を観る前にエピ16プロモを観てしまったのでさあ大変っつ!!



こ、これわ…( Д) ゚ ゚

なもんで妄想が大暴走typhoonしてしまいました。

20110219_cas_dean_small

うわああ~~~ん、Casううううう゚゚(´O`)°゚

文章になってないっす(-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

『裏切りのサーカス』(原題:Tinker Tailor Soldier Spy)観ました! ※ネタバレなし

原作は元MI6諜報(ちょうほう)員の経歴を持つ作家ジョン・ル・カレのスパイ小説。
監督は『ぼくのエリ 200歳の少女』のトーマス・アルフレッドソン。
ストーリーは東西冷戦下の1980年代、英国諜報組織の中枢に20年も潜入しているソ連の二重スパイを捜すため、引退生活から呼び戻されたスパイが真相に迫る姿を描いたもの。
yahoo映画より



とにかくキャストが豪華!

ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース、ジョン・ハート、マーク・ストロング、トム・ハーディ、ベネディクト・カンバーバッチ@BBCシャーロックheart01

重厚かつ渋い
で…
切ないラスト…

この監督ってぼくエリもそうだったけど、ある趣向テーマにするのお得意なんだろか。
浮ついたところがないお見事な作品でした。

日本は2012年4月21日公開予定です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

超自然劇場~兄×Casイラスト'You are mine'

どんどん腐食度がひどくなっているなあsweat02
というくらい要注意なイラストですcoldsweats01



ホントは“Boy Meets Angel”メインのつもりだったんだけど、結果こうなってしもた(笑)
しかし何度も描いているのにCasの顔が安定しないなあbearing

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

『シングルマン』(原題:A Single Man)

公開前から観たかった作品のひとつ。
ファッションデザイナーであるトム・フォードの映画監督デビュー作。
原作はクリストファー・イシャーウッドの小説で、亡き愛する者のもとへ旅立とうとする中年男性の最期の一日を描いた人間ドラマ。

全編隅から隅に至ってトム・フォードの美意識が行き届いている。
見目麗しい男子(みな180cm超えだし8頭身以上だし)にファッション誌から抜け出てきたようなシーンの連続。
流麗な立ち振る舞いに計算されたフィッティング。さすがデザイナー。
とにかく絵になる。

主人公@大学教授にコリン・ファースを起用したのは正解。
愛するものを失った絶望や喪失感を品良く理性的に演じている。
しかも今にも壊れそうなギリギリの理性。
洗練されたスーツ姿に思わずうっとり。

死んだ恋人役はマシュー・グード。
回想シーンで登場。
コリン・ファースとの絡みもOK。
端正な美しさ(作り物のような)が今回はピタリとハマっている。
ラストシーンは鳥肌モノ。
これ、ファーストシーンとラストシーンが対になっているんだね。

主人公に想いを寄せる教え子にニコラス・ホルト。
子役からキレイに成長してくれました♪
コリン・ファースの熟練した演技に、ニコラス・ホルトが一生懸命ぶつかっていく感じ。
逆に初々しく新鮮だった。一途なdog
目力がある。肢体輝いてるし。いいもん見せていただきました。

男性キャストはちょい役でも長身小顔^m^
トム・フォードのお好みなんだろうな~と(笑)
スペインの彼はモデル・ボーイなのね。どうりで!

何度も書くけど(^^ゞ
一瞬だけアップになるリッジ・キャナイプは超自然兄の子供時代の子っす!

あ”~っと。。。
女性キャスト忘れてましたが、ジュリアン・ムーアが唯一主要な役どころ。
Gと知りつつ主人公を愛するんだけど、そっちに全くその気がないから報われない。
70年代という高揚した時代に気だるいムードがピッタシ。

思うに。。。
ある程度人生見えてきた年代(ズバリ中高年)が、若くてキレイなコから慕われる(しかも全身全霊よ)って、究極の仕合せよね。
原作は未読だからわからないけど、トム・フォードの思い入れを感じたな。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2010年7月 4日 (日)

『Like Minds』はエディ君×パイレーツ・ロック@トム・スターリッジ君!

2006年の作品ですが、先日、wowowさんで『ザ・デンジャラス・マインド』という邦題で放映されたそうです。
原題『Like Minds』がようつべに分割アップされていたので(今のうちかも!)無事観賞できました。

※当情報お教えいただきましたゲストさま、有難うございました~m(__)m

字幕なしなのでキッチリ内容わかったわけではありませんが、だいたいは想像つきました。
それだけ主演(エディ君、トム・スターリッジ君、トニ・コレットさん)のパフォーマンスがよかったんです。

(今より)若いエディ君(当たり前だけど^^;)、繊細な危うさはピッタシ。
トム・スターリッジ君の能面のような不気味さが怖かったです。
作品情報⇒http://www.wowow.co.jp/pg/detail/021368001/index.php

そしてやはしありましたっつ。
すらすらすらっしゅファン動画が(笑)
削除御免でよろしく~♪



そうえいば『パイレーツ・ロック』のDVD観ていたんですけど、記事にしてませんでした~coldsweats01
今更ですけど、これめちゃくちゃ面白かったんですよ。



このノリがサイコーっすgood
しかも最後が意外な展開で(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

仏マクドナルドの「G歓迎」CM~切ないっす(u_u)

マクドナルドがフランスでG向けにリリースしたCMが話題になってます。



タイトル“Come As You Are”は「ありのままのあなたで」かな。

少年がクラスの集合写真を見ながら(その相手に)携帯で熱い会話を交わしている。
父親はその写真を見て、お前は自分の若い頃そっくりだ、女にモテたんだとか言うわけです。
最後に少年のクラスが男子クラスというオチで「そっか!」って…(゚0゚)

これは秀逸です。
父親と会話している少年の表情が良いですよね。
50秒足らずで微妙な心理が伝わってきます。
切ない系BL映画観た気分になりました。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

超自然劇場~天使昇天(5×22より)※兄キャスslash漫画です(^^ゞ

キャス祭り⑪"Swan Song"腐れイラストに肉付けして漫画(?でも一応4ページ!)にしてみたよ。

しかも/さ~good←なにえばってるpunchimpact
ここまで描いたの、表に出したの初めて…かもsign02←ビミョウっすね(笑)

シチュエーションはシーズン5エピ22のラストあたり。ネタバレしてます。
なので/とネタバレokの方のみどうぞです。

down
down
down
down
down
down
down
down

Spn522_gag_part1
あ、ヘン顔になっちまったぜ。

Spn522_gag_part2
前出のイラスト再利用。

Spn522_gag_part3
ネームはずい…
アングルちょっとだけ〇〇ティーク参考っす。

Spn522_gag_part4_2
結局ギャグ落ち~(^^ゞ
5×03からこのネタ狙っておったのです。
引いちゃいましたかね~(^-^;
え?大した事ないっすか?!
それわ失礼m(__)m

兄にとってキャスこますなんざ~軽いもんっす。
これでまたひとつ“学習”したキャスでありました。

シーズン5でキャスが死んでたら描かなかっただろうな。
そしたらシリアス追悼漫画になったとおも。(GSG9@Konnyたんみたく。)
死ななかったから安心してキャラいじりできるんだよね。

今回kissmarkばっか何度も描いて(下絵、トレース)頭ヘンになりましたわ。
流石に色に陰影つけるまではしなかったデス。生々しくなるんで。
バックは例によって手抜きっす。
こんな出来だけど(集中したので)果てたっす。

シーズン6@US今秋放映は木曜から金曜に曜日変わるそうです。
某ネット記事でキャスも出る(いままで通りレギュラーみたい)とありました。
とりあえず夏のコミコンは要チェックです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

『Latter Days』字幕付動画情報 ver2(2010.03.24)

いつ削除されるかわかりませんがコチラで鑑賞可能で~~~すscissors
しかも全編!!
さあ、削除される前に=run

Steve君の役が“エアロン”になってましたけどそこはご愛嬌で。

※御礼※ver2(2010.03.24)
nukonuko様、情報提供ありがとうございました~m(__)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

『Latter Days』TR+VideoClip

バレンタインは『Latter Days』でcake気分に浸っちゃおう!
というコトでいくつか動画アップしちゃいます。
以前、funnyシーンは別記事でアップしたんですけどね…(^_^;)

あっ…と…
その前に作品紹介しておきます。

自慢のルックスと体でゲイライフを楽しむクリスチャンは隣に越してきた4名の若者の1人、キュートなアーロンに目をつける。
だがアーロンたちはモルモン教徒で厳格な戒律に従って生活していた。
冗談半分にアーロンを誘いまくるクリスチャンだが、純粋なアーロンの内面にふれるうち…。
各国の映画祭から火がつき絶賛された話題騒然のピュア・ラブストーリー。豪華脇役陣も必見!
2006年LG映画祭公式サイト作品紹介から)

◆公式TR

これは削除されないだろう…たぶん。

以下は削除可能性ありです。
(以前見かけたファン動画は現在悉く削除されておりましたので。)

◆ファースト・キスkissmark


◆動画と選曲がベストマッチgood


◆R指定spaシーンありなのでリンクのみで…
http://www.youtube.com/watch?v=RbH7gsVLM90

うん、やっぱSteveクンってdogだわ~note

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧