CILLIAN MURPHY

2012年2月19日 (日)

『タイム』(原題:In Time)キリアン君鑑賞+『Red Lights』TR

『タイム』は“時は金なり”を映画にしたということかな。



アイデアは面白いと思う。
う~ん…でもイマイチこの世界に入り込めなかった。
安直過ぎかなあと。
あまり考えなきゃいいんでしょうね。

でもキリアン君頑張ってたよ!
いっぱい走ったし、背筋伸びてたし。←おいおい(~_~;)
敵役をクールに演じるだけじゃなく切なさを醸し出していたね。
やっぱ上手いな( ゚ー゚)( 。_。)

『Red Lights』はキリアン君、ロバート・デ・ニーロ、シガニー・ウィーバー競演のスリラーモノ。



例によって日本の公開決まってません。
大物出てるから期待してるんだけどな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月23日 (土)

キリアン君出演『In Time』公式TR

以前記事にした『Now』が改題して『In Time』となったのですが、つい昨日のSan Diego Comic-Conにて公式TRが公開されました。



むむむ~キリアン君はヒール?
でもそんな単純な役じゃなさそうだし。
久々に走っとる~run

10月28日US公開です。
日本わ。。。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キリアン君の舞台『Misterman』

「Misterman」がどういう劇かよくわかりませんが、キリアン君は孤独で復讐心に燃えた男を演じてます。
フクザツな役どころはキリアン君にピッタシですよね。

Misterman01

Misterman04

Misterman06

チケット完売でキリアン君のパフォーマンス大絶賛らしいですhappy01
観たいなあ。

レビュー→ http://www.irishtimes.com/newspaper/features/2011/0713/1224300645271.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

キリアン君『Now』ロケショットだよ!(^^)!

内容よくわかんないけど。。。
近未来、人口過剰を避けるため時間を売買する世界で繰り広げられるサスペンス?かな。
そこは金持ちであれば不老不死になることができるが、タイム・キーパーによって管理されている。
キリアン君はタイム・キーパー役です。

主演がジャスティン・ティンバーレイク。
病気の母親のため、不正に時間を手に入れようとする??

はい、ロケショットから妄想してくださいspa

Nowonlocation01
Nowonlocation06a
Nowonlocation10
Nowonlocation11
Nowonlocation12
ちゃんと日本で公開してくれるんだろうか~coldsweats01
これが一番の問題だわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

『トロン:レガシー』(原題:TRON: Legacy )雑感+キリアン君鑑賞

※ネタバレあります※

80年代『トロン』は観ているけど、うっすら覚えているくらい。
当時最新のCG、シド・ミードのデザインがうたい文句と記憶している。
そして『トロン:レガシー』が30年の時を経て誕生した。



まずは雑感から。
ちとキビしいですm(__)m

旧作同様に映像(ただし3D)が売りなのでIMAXにて鑑賞。
良席ではなかったけど映像は見応えあった。

観ているうち居心地の悪さというか違和感を覚えはじめた。
『トロン』から30年経っているのにテクノロジーはあのまま?
ネットワークまる無視?
トロン世界のルールもさっぱり。
媒体disk(今時!)のフリスビーゲーム(+カンフーかも)に萎えてしまった。

じゃあ人間ドラマを鑑賞しよう。
気持ちを切り替えた。
これが使い古しで目新しさはない。
失踪した父親がコンピューターの中で禅を組んでる姿にはどうしろと。。。

そっか!
無の境地で鑑賞しろという教示だ。
何も考えずに観れば結構楽しめる。。。かも(笑)

しかしラストでコケた。
クオラ(個人的に好きなキャラ)が実体になるって(思ったとおりだけど)、これくらい説明して欲しい。
続編でネタ明かしてくれるんでしょうか?

思うにどっかで観たSF大作(ブレードランナー、スター・ウォーズ、スター・トレック、マトリックス、ダークナイトなど)の雰囲気をが~っとかき混ぜて、『魔法にかけられて』(同じD社だから)のシチュエーションで割って、最新映像で掛けたような映画でした。

legacy system(コンピュータ用語)って時代遅れになってしまった古いコンピューターシステムのことだから合ってるといえば合っている。。。かも^^;
じゃあなんでクオラが~以下同。

前評から内容は想像していたので出来については驚かなかった。
だって最初観にいくつもりなかったんだもの。

ではなぜか。。。
そりゃーキリアン君がカメオ出演していると聞いたからですsign01
ここからキリアン君鑑賞編で~すscissors

キリアン君登場は導入部で2分ちょっとです。
会社を乗っ取ろうとしてる重役(だよね?)の息子エドワード・デリンジャー。
彼も会社の役員職についてるらしい。
要するに主人公とは敵対関係です。

このキリアン君、すげー良かったのよ~lovely
ムリクリ画像アップしちゃう。(ホントはbanモノねsweat01

Tron_1
Tron_2
髪の分け目がすごいけど腕まくり姿は萌えっsign03
↓記事によれば続編も出てくるそうなので絶対観にいくデスgood
http://www.mtv.com/news/articles/1654531/20101217/story.jhtml
(あんだけけなしておいてsweat02

キリアン君出演シーンがYOUTUBEにアップされてるので一応載せときます。
削除御免なのでご留意ください。

こういうクセモノ、ホント良く似合うわ~note
↑ほめ言葉っす(笑)

最後に。。。
キリアン君カメオ出演情報提供していただきましたH様に感謝~♪(o ̄∇ ̄)/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

キリアンなう。+『Retreat』初ポスター

oneキリアンなう。

キリアン君が『Now』filmingなんで、ついcoldsweats01
タイムキーパー役なんですね。
時かけキリアン、観てみたいなnote
主演@ジャスティン・ティンバーレイク 、共演@アレックス・ペティファーですかあ。
ビジュアル的においしそうcake
リリースは2011年とだけ。詳細未定。

two『Retreat』初ポスター

Retreatposter
うわっつ、モロ不気味な雰囲気。
撮り終わってるみたい。
『28 Days Later...』に近いという噂。
リリースは2011年12月という噂。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月10日 (火)

キリアン君“Flaunt”インタビュー/2011年リリース作オファー情報

clip“Flaunt”インタビューmovieで~すscissors

『インセプション』についてのインタビュー。
ってかモノローグに近い。
めっちゃええですheart04



動画が削除されていた場合は情報元さんをどうぞです。
http://www.yutsai.com/Work/
ってか大きなサイズでキリアン君(透きとおった瞳があああhappy02)をじっくりご観賞いただきたいデス。

ついでに情報元さんから画像拝借ribbon
キリアン君関連アルバムに8枚アップしました。
そのうちの一枚で~~す。

Yu_tsai_flaunt_cillianmurphy_01_105
これもええですわ~lovely

clip2011年リリース作オファー情報

『Retreat』と『I'm.mortal』があがってますね。

『Retreat』は決定です。
雰囲気は『28日後...』っぽいです。
共演は2012@タンディ・ニュートン、 Doctor Who@デヴィッド・テナントです。

『I'm.mortal』は現在交渉中みたい。
こちらもSci-Fiでなんだか時間がどうのって話みたい。よくわかりまへん。
他に名前が挙がっているのがマンマ・ミーア!@アマンダ・セイフライド、ジャスティン・ティンバーレイクとのこと。

両作品あわせて追い記事にします。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、イキナリ連想ゲームsign05

キリアン君⇒Retreat⇒デヴィッド・テナント⇒Fright Nightリメイク⇒アントン君⇒アルファ・ドッグ~破滅へのカウントダウン⇒ジャスティン・ティンバーレイク⇒ソーシャル・ネットワーク⇒ガー君(アンドリュー・ガーフィールド君のことだ!)⇒Never Let Me Go⇒キーラさん⇒The Edge of Love⇒キリアン君

みんなどっかで繋がっているのだあ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

『インセプション』(原題:Inception)観ましたっつ!

先行1日目(7/17)に観て来ました。
オープニングのTokyoシーン、ケンさんはかなり重要な役どころ。
これで日本人のheartはキャッチかな。

ノーラン監督フリークなら絶賛かもしれない。
着眼点、斬新なアイデイアと映像はさすが。
ただね…think

以下、ネタバレちょっと含みますのでご留意ください。

主人公は人の夢に入り込んでアイデアを盗む産業スパイ。
チームでターゲットの夢に入り込み(逆に入り込ませたり)、巧妙なトリックを仕掛ける。
それだけではない。
記憶のすり替えや埋め込み“インセプション”さえ行う。

早い展開と夢世界のルール(夢の主が異物、時間の進み方、目覚め方、深層階層での死…等)に考える間もなくストーリーが進む。
へえ、そうなの…で一応ついて行く。
夢が2階層(夢の中の夢)、ついには3階層(そのまた夢)になって、同時に進んでいく。
ややこしい。

一方、夫婦の愛、親子の絆といった人間ドラマも重点が置かれている。
こちらも現実ではなく夢に織り込まれて出てくる。
どれが現実でどれが夢なのかわからなくなる。
というか、そう仕向けている。
あのラストに繋がるから。

夢世界が圧倒的(威圧感すら覚える)なのに比べると、人間の描き方は物足りなさを感じる。
前作『ダークナイト』はヒース・レジャーのパフォーマンスがポイント高かったワケだし。
今回強烈キャラが不在な分、惹きつけられる要素は弱かったけど、敵味方が曖昧で混沌とした世界に突出したキャラは不要だったのかもしれない。
そういったイミで主役はアイディアと映像かな。

結局、あのラストは観る側が好きな方に決めるんですね。
それ(夢オチ)って…ありがちでは…coldsweats01

思うに、夢に入り込むっていろんな商売が描けそうですね。
まさか『インセプション2』なんて…考えてないよね?

ケンさんとJGレビ君、頑張ってました。
ケンさん迫力ありました。登場すると画面が締まる。
JGレビ君は軽妙さが絶妙で面白いキャラですね。

肝心のキリアン君はターゲットにされる方。
以前TR観て突っ込んだ屋上ひきづられ男は別人でした(笑)
あと、雪山skiはこれかああ…って(゚m゚*)

巨大財閥御曹司だけど親子の確執(お父さん役は『炎の英雄シャープ』『タイタンの戦い』の人だ!)で屈折してたり、こういったところはキッチリ魅せてくれてます。
エリート然した雰囲気がクレイン博士っぽくて、あの透き通った青い目と語り口調は健在でしたheart04

はい、ケンさんと一緒だよnote

Inceptionlospremiere
相変わらず華奢だねえ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年7月10日 (土)

キリアン君『インセプション』ロンドンプレミア模様

『インセプション』ワールドプレミアが7月8日ロンドンで開催されました。

レッドカーペットmovieから熱気が伝わってきます。
いいなあconfident

わ~い、JGL君もかわいいな~note
って…ちゃんと再生できてますか?
もし再生できないようでしたら↓ご覧下さいませ。
http://www.empireonline.com/news/feed.asp?NID=28324

上記サイトからちくっと画像拝借(^^ゞ
Cillianmurphy__inception_world_prem
キリアン君インタビューで~すribbon

この場はさすがにちゃんとしてますね(笑)
内容は作品やデカプリ男はんとの共演、ラストはバットマン3ですね(*^m^)

日本代表ケンさんについては↓ご覧下さいませ。
リンク: 渡辺謙、夫人の南果歩の肩を抱いてレッドカーペットに!『インセプション』ロンドンプレミア大盛況! - シネマトゥデイ

※私信@業務連絡※
7月20日ジャパンプレミア(ってかレッドカーペット)は日にちが厳しいのでパスします。
キリアン君来ないっぽいし。←来たら無理してもいぐだー!!
その代わり先行に行こうかと。
で…『イエロー~』か『波に流れて』の前に入れちゃおうと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

『インセプション』ジャパンプレミアは7月15日←実は7月20日六本木です!!

スター・チャンネルさんにプレゼント応募が出てました。
但し、会員限定。
http://www.star-ch.jp/present/ichiran.php

日時:7月15日(木) 開場17:30/開映19:00(予定)
場所:東京国際フォーラム ホールA

来日情報はわかりません。
そのうち色んなメディアでかかると思います。
まずは第一報ということで。

※7月1日追記です。

ほとんどの応募が特別試写会って触れ込みでジャパンプレミアって出てないのね。
ビミョウ…

※※7月2日追記です。

どうやら7月20日六本木ヒルズアリーナでジャパンプレミア行うようです。
http://eiga.com/buzz/20100702/1/
来日はデカプリ男はんは決定のようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧